投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 財務分析-財務3表の仕組みを理解する重要性

矢印 財務諸表、つまり決算書が作成されるのは、企業の事業活動における状況を
  資本家や債権者など関係者に対して知らせるためのものです。
 
  企業活動の原則は
 
  ・お金を集めてきて
  ・何かに投資をして
  ・利益をあげる
 
  という3つのことから成り立っています。
 
  ひとつの仕事だけを担当している人には、お金を集めてくる、ということが
  理解しにくいかもしれません。
 
  企業は、株主が出資する資本金や銀行借入といった借入金などどこかから
  資金を調達して、機械設備や工場に投資をしたり、販売する商品の仕入れを
  したりしてそこから利益を上げる活動をしています。
 
  これら3つの活動をそれぞれ損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー
  計算書に表したものが財務3表と呼ばれ、決算書になるものです。
 
  資金をどのように集めてきたかやその資金を何に投資しているのかを
  表すのは貸借対照表です。
 
  損益計算書は、企業が事業活動を通じて、どれくらいの利益を上げられた
  のかを表しています。
 
  キャッシュフロー計算書とは、お金を集めてきて、何かに投資をして
  利益を上げるといったこれら3つの活動において、現金がどのように
  動いたのかを表すものです。
   
  それぞれの活動に応じて、3つの財務諸表で表せるようになっています。
 
  損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書のそれぞれが
  つながっています。
   
  会計の仕組みを確実に理解するためには、自分で会社を設立するか
  経理の実務を経験してみることです。
 
  会計の仕組みを理解している経営者などは、ビールを購入するために
  スーパーのレジに並んでいるときでさえ、頭の中で振替伝票の処理から
  財務3表が作成されるまでの流れをイメージしているものです。
 
  財務3表は読むだけでも十分に理解はできるのですが、自分が投資を
  検討している投資先の財務諸表をつくるその過程がイメージできる投資家は
  そこに書かれた数字の行間から企業の体質や経営者の能力、資質、今後の
  経営計画の達成の可能性などを読み取るための手段になることを知っている
  のです。
   
  カフェや電車で株価チャートを眺めている投資家から大富豪が生まれない
  のには明確な理由が存在するということです。
 
  ただ、それほど心配しなくても、実際に簿記の勉強や経理処理ができる
  ようになる必要はとくにありません。
 
  その場合は、できるだけ多くのビジネスマンとしての実務経験が、企業の
  財務諸表を読む手助けをしてくれることでしょう。
   
  会計の仕組みは、企業の事業活動を数字に置き換えただけなのですから
  自分の頭の中で、その企業の中身について、戸惑わないように整理ができて
  いれば、それで良いのです。 
   
  財務諸表は、財務分析の指標を計算するための基礎になるものですが 
  元となる財務諸表を操作されているかどうかを見破るノウハウを身につける
  ためにも財務3表の仕組みを理解する重要性がわかるというものです。
   
  『財務諸表が読める』の本当の意味は、そこに書かれた数字から行間が
  読めることを意味しています。
   
  売り上げに対して利益率が何パーセントであるかということは、必ずしも 
  投資の最終判断にはならないのです。 
   財務分析-財務諸表の読み方

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.