投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 財務分析-財務諸表の読み方(売掛金)

矢印 企業は個人と違い、さまざまな条件で取引をおこなっています。
 
  そのため単純に商品の売り上げと代金の支払いは同時におこなわれるとは
  限りません。
   
  ある企業は現金取引で、またある企業は手形やファクタリングというように
  企業同士の力関係によって取引条件が異なります。
 
  企業同士の支払条件は決定できる企業のほうがより優位なビジネスを
  展開しているといえます。
 
  売掛金は数字だけで判断せずに、どのように取引された結果、それだけの
  数字が計上されたかを確認する必要があります。
 
  売上高に占める売掛金の割合が低いのは、現金でないと取引しない、といった
  条件を他社に呑ませることができる強みから、他社よりも優位にビジネスを
  展開できているといえます。
 
  企業の力関係は、手形の満期までの期間で表されているといって良い
  でしょう。
   
  あまりに長い期間満期まで待たなければならないような手形は、満期前に
  割引されるかほかの支払いに利用する必要が出てきてしまいます。
   
  こうやって悪い条件での支払いが重なっているときに、一時的な売り上げの
  落ち込みが重なれば、企業の存続にも影響することでしょう。
   
  優位にビジネスを展開できれば、棚卸資産の計上に対する考え方にも
  企業によって差が出てきます。
 
  多くのビジネスでは、ある日を境に棚卸資産が販売できなくなるリスクを
  抱えています。
   
  しかし、時代遅れにならない商品を有している企業は、こういった心配を
  する必要はほとんどないといえます。
 
  それどころか、追加の注文に対応するために、あえて多めに在庫を抱える
  ことでさえきるのです。
 
  売掛金を確認するうえで大切なことは、その企業の売り上げそのものよりも
  売り上げをもたらす源泉はどこにあるのかということです。
 
  売り上げがもたらす利益の源泉がどこよりも強固なのであれば、すたれない
  原則に守られているということですから投資に値する企業としてさらに
  調査してみる必要がありそうです。
  財務分析-財務諸表の読み方

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.