投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!
相見積もり出来る2番目の工務店を見つけておく重要性
矢印 建物全体の建築をひとつの工務店に依頼した場合でも、契約途中に
  気が変わり、工事内容の変更を依頼することがあります。 
 
  交渉の内容や結果によっては、思うように見積金額が下がらないことも
  想定されます。 
 
  そうならないためにも、実際に工事を発注した工務店のほかに
  数社の工務店を見つけておくことで、自分の理想とする金額での
  工事内容の変更を勝ち取ることができる可能性が高くなります。
 
  工事開始後に工事内容の変更ができないという契約は、一般的では
  ありません。
  工事内容の変更を依頼すると同時に、相見積もりをほかの工務店にも
  依頼することで、すでに工事をしている工務店からしてみれば
  価格競争に巻き込まれたことになります。
 
  通常は、すでに請け負った受注金額が大きいため、最初の工事を
  請け負った工務店の見積もりが安くなるケースのほうが多いです。
 
  そうはいっても、施主としては、万が一を想定して、単価を強気に
  あげられた場合を想定して、工事の内容変更を工務店に伝えておく必要が
  あります。
 
  すでに工事を請け負った工務店からしてみれば、競合他社のいない
  路線を有する鉄道会社のように、自由に値上げをできると考えられて
  しまいます。
 
  自分が工事を発注した工務店に対して、完成前に信用など
  する必要はありません。
 
  高い見積金額を提示されやすいのは、ガーデニングなど、明らかに
  工務店が外部に工事を委託しそうな工事です。
 
  工務店からしてみれば、ガーデニングはほかの業者に仕事を紹介する
  だけで、自社で工事をしません。
 
  そのためガーデニングは、見積書における単価調整にも使える工事項目の
  ひとつとして利益率の操作にも利用できる工事です。
 
  初めて見積書を受け取ったときと工事内容の一部変更を依頼したあとで
  それぞれの見積書とを比較すれば、管理費や大工手間、ガーデニングなど
  の項目における数量や単価を説明なく変更されてしまっていないか、よく
  確認する必要があるのです。
 
  自社で工事ができる工事内容に関しては、原価計算をしているはずです。
 
  施主としては、工務店が最低いくらなら仕事を請け負えるのかを
  見極めたいところです。 
   
  工務店としても、これ以上はもらわないと仕事として成立しないという
  請負可能な最低金額があります。
   
  工務店が請け負える最低金額を知る方法は、その工務店が
  大工を雇っておこなう工事内容だけの見積書を提出させることです。
   
  実際にはそのような見積書の提出のさせ方は、むしろ交渉決裂になりやすく
  最初はガーデニングなどを見積書のなかに混ぜておき、時期を見計らって
  請負工事内容から省いてみることで、その工務店が十分に利益をとっている
  のかどうか、おおよその見当がつきます。 
 
  もし、最初に工事を依頼された時点で自社で施工する工事に関する利益の
  一部をほかの全く関係のない工事項目にふりわけることで見積書の 
  見栄えをよくしているようなケースだと、 工務店側から何らかの提案を
  受けることになるでしょう。
   
  工務店としては、まさか見積書内で分散させた利益が、そのまま省かれる
  とは考えてはいないからです。
   
  施主としては、工務店が仕事として成立する最低金額の見積もりを
  勝ち取らなければ、自分の不動産運用利回りに影響が出ます。
 
  最近の建築物は、ほとんど規格化されており、完成品のレベルに
  各工務店ごとの実力差は出にくくなっています。
 
  同じ建物をどこが一番安全かつ安く請け負ってくれるのか
  見極めるためにも2番目の工務店による相見積もりは欠かせないのです。
   不動産投資 失敗しないために! 工務店交渉

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.