投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印  不動産投資 失敗しないために!工務店に絶対確約させることとは?
矢印 工事がはじまりますと施主のすべきことは、工事がスムーズに依頼した内容で
  進められているかを管理することです。
 
  現場の管理は現場管理者がいるのですが、その現場管理者が、こちらの
  指示どおりに工事をしているのか、手は抜いていないか、現場は掃除されて
  周辺住民に迷惑はかけていないかといった確認が必要です。
 
  工事にやってきた大工や職人のマナーはその場で注意すれば良いのですが
  工事内容いついてのミス、とくに、やり直しがきかないミスをさせないように
  現場を管理しなければいけません。
 
  やり直しがきかないということは本来はあり得ないのです。
   
  大手ハウスメーカーに工事を依頼すれば、工事請負金額が
  高い代わりに正確に依頼した内容の工事をしてもらえます。
   
  小さな工務店ですと、やり直すための費用を自社で支払うことに抵抗が 
  あるため、このまま工事を進めさせてほしいと要求してくる会社もあります。
  そうさせない、また、はじめから工事のミスが起こらないように現場を
  管理することが施主に求められます。 
   
  自分で工事を発注している場合は、現場管理者も、その会社や
  現場管理者の性格・職位などが原因で、大工や職人が現場管理者の指示を
  正確に守らないということがあるからです。
 
  大工や職人といった現場で働く人たちは、現場管理者や工事を発注して
  きた会社との関係しだいで仕事の完成度にムラがあることを覚えて
  おかなければいけません。
   
  この会社から回ってきた仕事で手を抜けば、自分の評判に傷がつくと思えば
  大工や職人は絶対に手を抜きません。
 
  多くの場合、見積金額の高い工事ほど完成度は高いものです。
  当たり前ですね。
  たくさんお金がもらえる見込みからテンションが上がるのです。
   
  いっぽうで、小さな工務店が取りまとめている現場の仕事は
  大手ハウスメーカーの現場のそれと同じ完成度の工事は求めにくいものです。
 
  賃貸住宅経営として工事を発注するのですから、入居者を危険にさらす
  わけにはいきません。
  自分の責任問題に発展してしまいます。
 
  そのためには、自分の建築現場に、技術的に未熟な職人が派遣されたとしても
  うまく工事がやっていける確約が必要です。
 
  ではどうすればよいか?
 
  写真す。
  正確には、日付入り写真です。 
 
  工事は基礎工事・木工事・アスファルト舗装など各工事の始まる前と
  完成後の2回、日付入りの写真を必ず撮影しておくように確約させます。
 
  もし、現場と工事図面の内容が、こちらが支持したわけでもないのに
  異なっていれば、それは現場管理者や施工会社による無断変更だと
  主張できる事実証拠が必要だからです。
   
  写真があなたのこの業界における経験不足を補ってくれます。
  信用もなにもない、普段はほかの仕事をしている施主が、業界人と対等に
  交渉するための強い味方になるでしょう。 
   
  そして、施主自身が、工事期間中の各工程ごとに、かならず一度は
  現場に出向いて状況をよく観察しておくのです。
 
  そうすることで、この現場の施主さんはいつ現場を見に来るのかわからない
  工事の発注会社にあれだけきつい要望がだせるのだから気をつけよう
  と思われることが必要です。
 
  大工も職人も、仕事における詰めの甘さが原因から施主に支払いを拒まれ
  トラブルになった事例を良く知っているからです。
 
  そういう意味においても、誰々さんの顔に泥を塗るような工事はできない
  と思ってもらえるような人間関係の中で工事を発注できることがベストで
  あることは言うまでもありません。
 
  若い大工や職人なら気を使っているかもしれませんが
  自分のおこなった仕事が、もしかしたら、明日You Tubeにながされる
  可能性もないとは言えない時代です。
   
  施主としては、良い仕事をしてもらうためにも、程よい緊張感を現場に
  与えることに重点を置くべきなのです。
   不動産投資 失敗しないために! 工務店交渉

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.