投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
プログラミング
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・法律
知っておくべき法律
 
 ・実践記録
株式投資 
賃貸住宅経営
Webサイト制作
プログラミング
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!
不動産経営のトラブルに備えて専門家と提携する
矢印 賃貸経営をはじめるにあたって、どんなリスクやトラブルにでも
  対応できるようにするためには、あらかじめ万全の準備が必要です。
 
  不動産経営をほかの仕事をしながら、副業や相続対策で始める人の
  ほとんどは建物のなかの住宅設備にばかり意識をむけてしまいます。
   
  しかし、実際に賃貸経営がはじまってからの賃貸経営をおこなう
  経営者としての意識があまり高くないのが現状です。
   
  不動産経営は、自分で家を建てる技術やノウハウがなければ、その実態は
  仕入れから客付けまで、すべてにおいて誰かに依頼するビジネスです。
 
  そのため、うっかり建築業者に高い請負金額で建築を依頼したり、不動産
  会社に高額な手数料を支払っていては、経営が成り立ちません。
 
  大家としては、いかに初期費用をおさえて、また、仲介手数料やその他
  不必要な手数料をいかに支払わずに安定した入居率を維持できるかに
  意識を向けるべきです。
 
  建築会社・工務店、そして不動産会社は、あなたが建築のこと、不動産のこと
  について無知であることを十分に利用してあなたに接することでしょう。
 
  ですから、知らなかった、では済みません。
 
  建築・不動産は法律との闘いです。
 
  まず、建築するためには、管轄する市に申し出て、開発許可申請と
  建築確認申請をして許可してもらう必要があります。
 
  賃貸借契約書の内容、近隣住民や入居者におけるトラブルの対応についても
  法律が影響してくる問題です。
 
  どれだけ大家が問題がないと考えても、または、問題だと考えても
  法律の後ろ盾がなければ、問題を自分の思うままに変えることはできません。
 
  もしかしたら、自分の土地のお隣さんから、受け入れがたい提案や要求を
  されることも考えられます。
 
  そういった、予期せぬトラブルやあまり時間を割きたくない問題をいかに
  効率的に対処できるのかは賃貸経営を計画的におこなえるかどうかの鍵に
  なります。
   
  建築会社・工務店や不動産会社、とくに経営者がひとりで営業を行うような
  会社や大手の建築会社は、法律問題に発展したときのために、あらかじめ
  何かトラブルが発生したときのために、必ず司法書士や行政書士、そして
  裁判になれば弁護士をつける準備ができています。
 
  しかし、多くの賃貸経営者は、司法書士や弁護士といっても
  どこの事務所の誰に頼んでよいのかさえ、わかっていません。
 
  不動産を経営するのであれば、こういう状況では司法書士の誰々さん。
  こういう事件は弁護士の誰々さんに依頼して事件を解決してもらおうという
  前もっての準備が必要なのです。
 
  事件やトラブルになってから弁護士や司法書士を探しても、あまり良い
  結果にはなりにくいでしょう。
  クライアントの自分が、専門家にどう説明して良いのかがわからないために
  上手な説明ができないことが多いからです。
   
  あなたの後ろに専門家がいるとわかれば、業者の出方も変わってきます。
  少なくとも、ナメた態度をとられることはないでしょう。
 
  大家としては、なるべく多くの判例を調べておき、建築会社や不動産会社が
  自分のことを無知だと思い込んで仕掛けてきた場合に、司法書士や弁護士が
  助けやすくするために、可能な限り多くの証拠を残しておく必要があります。
 
  専門家といえども、証拠がなければ相手に強い態度で出られないからです。
 
  法律家を味方につけて、より有利に交渉をするために、明確な証拠と何か
  あれば必ず自分を守ってくれる専門家を見つけておく。
 
  これが、長く安定した不動産経営をする秘訣です。
   
  投資倶楽部 World Explorerでは、不動産経営をする方やこれから
  不動産経営をしようとお考えの方に対して、弁護士・司法書士・行政書士の
  紹介をしております。
   
  お気軽にご相談ください。
   不動産投資 失敗しないために! 賃貸管理

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.