投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!
依頼した建築内容の工事がされているかを確実に確認する方法

矢印 自分が依頼した通りの工事がされているかどうか技術的なことがわからない
  人ほど不安になるものです。
 
  基本的な木造住宅の作り方を紹介した書籍を読むことは役立ちますが
  わざわざ工務店の工事における手抜き工事や工事のミスを見抜くために
  自分がはじめからから勉強する必要はありません。
 
  大切なことは、専門家、つまり、一級建築士に確認してもらうことです。
 
  それもとくに大きな費用をかけずに調査・確認してもらうことができます。
 
  たとえば、○○県建築士会などに所属する一級建築士に工務店から渡された
  書類のすべてをもっていき、何が必要で何が足らないか、何かごまかされて
  いるところはないか、などを確認してもらうのです。
 
  あくまでも、協会に所属する建築士は中立な立場で施主に対して助言
  アドバイスしてくれることでしょう。
 
  工事の途中では、中間検査、そして完成近くには完成検査が実施されます。
 
  しかし、中間検査や完成検査で確認されていることは、建築された建物が
  最低限に国の基準を満たしているかどうか、です。
   
  施主が希望した図面や指示書通りの工事がされているかどうかは
  確認されません。
 
  工務店は、新築直後に明るみになるような手のぬき方はしません。
 
  あくまでも、それがあたかも自然現象で起こったかのように計画的に手を
  抜きます。
   
  住宅設備が見積書通りでないなどの数量を確認すればわかることは
  調べれば済むことです。
 
  問題は壁紙の裏や床下など、いったん見えなくなれば自分では判断がつかない
  ところです。
 
  1番効果的で、工務店にプレッシャーをかけられるのは、工事期間中は頻繁に
  現場を見回り、たくさんの写真を日付入りで撮影していくことです。
 
  そして、工務店からも完成時に各工程における工事写真を提出するように
  要求しておきます。
 
  そのうえで、その写真と指示書、図面をもって、工事期間中に一級建築士の
  ところへ行き、工事のやり方について確認してもらいます。
 
  何か工事のやり方などに問題があれば、すぐに工務店に対して要求をする
  ことです。
   
  そうすれば、ただ写真を撮っていただけでなく、誰かに確認されているという
  プレッシャーにもなるからです。
 
  とはいえ、一級建築士でさえ現場は見ていないのですから、写真撮影の
  やり方には工夫が必要です。
 
  同じ建築士でも人によってとらえ方が異なるからです。
 
  相性の良くて伝えやすく、こちらの質問に対して的確に返答できる建築士に
  出会えるように施主としても工夫がいるのです。
  不動産投資 失敗しないために! 建築ノウハウ

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.