投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!新築する建物を具体的にイメージできるか?

矢印 建物を新築するというのは、非常に難しいことです。
 
  一見どの賃貸住宅においても、同じ間取りで同じような配置で建築されている
  ように見受けられますが、それは自社の企画された商品をすでに確保された
  土地にあわせているのでほとんどの賃貸住宅が同じような配置になるのです。
 
  せっかく土地の仕入れから建築までを自分で計画するのですから
  少なくともハウスメーカーの企画する建物にあわせて土地を購入するなど
  絶対にしてはならないのです。
 
  新築する建物がイメージできていなければ、周辺環境や地盤の調査など
  できるはずがありません。
 
  まずは、どこのエリアに土地を購入するのかということを検討する前に
  どんな建物を建てたいのかを具体的にイメージしていきましょう。
 
  イメージとはいえ、作曲活動ではありませんので、空想ではなく現実に
  もとづいてイメージしていきます。
 
  入居した人のことを考え、どこにニーズがあるかを調査して、譲れない
  項目から順番に絵を描いてみたり箇条書きで必要なことを記していきます。
 
  たとえば 
 
  ・単身者用
  ・木造2階建て
  ・JR□□線○○駅徒歩10分以内
  ・高齢者OK
  ・外観カラーは人気物件の真似
 
  のようなことを箇条書きにして具体的にイメージを膨らませていきます。
 
  建築前には工事を依頼する工務店から見積書の内訳明細書と図面を提出して
  もらうことになります。
 
  工務店に対して、自分が希望する内容が具体化された図面を提出してもらい
  たとえばここの土地ならば希望の何パーセント実現可能、などと判断して
  いっても良いでしょう。
 
  考えることは、どのような人に入居してもらうかというソフト面ですが
  具体化することは、建物というハードです。
 
  よく、商品にストーリーを設定してお菓子などを販売していますが
  賃貸住宅経営においても同様なことをする必要があります。
 
  そして、一度建築されてしまえば、たとえどのような不動産仲介会社が入居
  希望者を案内しようとも、結果的にはこちらが想定していた範囲内の属性の
  人が入居の申し込みをしてくれるように取り計らうのです。
 
  何も考えずにとりあえず建築してみて、立地がそこそこ良ければあとから
  何とかなると考えているのであれば、それは大きな間違いです。
 
  不動産経営は、固定資本に多くの投資をするビジネスですから最初に
  建築してしまったものからの変更はなかなかできないのです。
 
  最新の設備以上に切実に入居者が求めていることは何なのか?
 
  それがわかれば、おのずとすべきことが見えてくるというものです。
  不動産投資 失敗しないために! 土地の仕入れ

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.