投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために-入居者から住宅設備が故障したと連絡が
来たときの対応
矢印 契約を交わす時にどれだけ強調して説明しても、入居者はいざ自分の
  住む部屋の設備の調子が悪くなると、それだけでパニックになります。
 
  部屋の中にメーカーの補修対応が書かれたパンフレット一式を置いて
  おいても数日経てば、入居者の頭の中には、そのパンフレットを受け取った
  記憶さえありません。
 
  大家としては、本来なら自分でも簡単になおせるようなことでも
  入居者から電話で説明を受けただけでは、まるで新築時の工事がまずかった
  のかと思えるほど大げさに聞こえることがありますので、慎重に状況を聞く
  必要があります。
   
  最悪の場合、物件を管理している管理会社でさえ、掃除をすれば解決する
  ようなことなのに電気系統や水道管に問題があるかもしれないとさえ言いだす
  こともあります。
 
  大家として絶対にしてはいけないことは、管理会社の紹介の工務店に修理を
  依頼したり、24時間営業のさまざまなメーカーに対応しているトラブル
  対応専門の会社に修理を依頼することです。
   
  問題なく工事をされた物件を所有しているのであれば、修理についても
  物件を施工した時に工務店から受け取ったメーカーのパンフレットに
  記載された修理対応センターに連絡しましょう。
 
  物件の管理会社を通した工務店に依頼すれば、一見安心ですが、取り換え
  部品がメーカーの規格と異なっていたり、工事の履歴を正確に記録して
  もらえるかどうかもあいまいです。
   
  不動産会社が工務店の代金の手数料を上乗せして請求してくる
  こともあります。
   
  その意味においては、大手の住宅ハウスメーカーの修理対応を利用すれば
  代金の請求が明瞭で工事の履歴が記録がされるため安心して何度も利用
  できます。
 
  担当者によって態度がかわることもなく、一貫したサービス対応が
  受けられます。
   
  本来は、こういった住宅の設備に関する補修は工務店対応です。
  新築から数年しか経過していないのであれば、無料で対応してくれる
  工務店が多いでしょう。
 
  当然ですが、工務店が無料対応といっても、メーカーから修理の担当者が
  派遣されれば、それだけで費用が発生しています。
 
  その代金は、あらかじめ工事請負金額の一部に含まれているので
  実はその支払いをしている人は物件の大家ということになります。
 
  また、住宅設備について、もっともよく理解しているのもメーカーの修理
  センターから来てくれる人です。
 
  外部のサービスや工務店の大工さんが見てくれたとしても、専門では
  ないために見当はずれなことを堂々と提案される恐れがあります。
 
  水道のトラブル対応をおこなう会社は水道に関することだけ
  工務店はざっくりと自分の経験したことで当てはまりそうなこと
 
  といった大家からすれば初めから聞くべきではなかったなと思えるような
  ことを提案されてしまい、真に受けると精神的に疲れてしまうことに
  なります。
   
  このように、住宅設備の補修を入居者から依頼された場合は、あせることなく
  メーカーの商品名を調べたうえでメーカーに問い合わせをしましょう。
 
  夜中にトラブル対応できる大家や管理会社はほとんどいませんから
  夜遅くの入居者からの問い合わせは、いずれにしても、朝一番で
  メーカーに問い合わせることになるのです。
 
  これは、工務店の無料対応期間が終わっても同様です。
 
  むしろ、住宅設備が古くなってからのほうが重要です。
 
  メーカーではどうしようもないと修理を断られてはじめて、複数の
  工務店から見積もりをもらい、安くて良い工事をしてもらえる会社に
  工事を依頼しましょう。
   不動産投資 失敗しないために!賃貸管理

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.