投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-原価を理解する

矢印 原価という言葉を聞いたことはあるでしょうが、意識して原価について
  考えたことがある人は少ないのかもしれません。
 
  自転車にせよ家具やおもちゃにせよ商品を売るには原価がかかります。
 
  商売において、最も大切なことは集客ですが、その次に大切なことが
  原価です。
   
  物やサービスを直接に売らないでその経営権や不動産を購入する投資に
  おいては原価にあたる購入価格が大切です。
 
  たとえば不動産投資であれば、建築会社にいくらで建築してもらえるか
  土地代や水道分担金はいくらになるのか、あらかじめ計算したうえで家賃を
  設定することでしょう。
 
  不動産投資の場合は、集客は不動産ポータルサイトと地元不動産会社という
  システムが出来上がっていますので、投資家はコスト削減を徹底するのです。
 
  そしてより高いランクの建物をよる安い建築コストで建築してもらうことこそ
  投資の成否を決定するのです。
 
  当然ながら、1度により大きく投資ができるほど原価率は下がります。
   
  新築の分譲マンションが1棟あたり30戸もあるマンションを建築するのは
  各戸に設置するお風呂や洗面台といった住宅設備の仕入れ単価を下げる
  ためです。
   
  どんなに良いものを作っても原価を無視すれば意味がありません。
 
  競争相手がたくさんいても、神経をすり減らしてしまいます。
 
  競争相手を少なくする方法、それが原価に目をつけることであり、同時に
  規模の大きなビジネスをすることなのです。
 
  自分で住宅を建てる場合において、お風呂や洗面台といった1通りの設備を
  そろえるためにかかる費用はおよそ800万円〜900万円。
 
  通常、建築会社が建売で販売している戸建ての値段は1500万円〜2000万円
  なので、販売価格の半分は建築会社の利益ということになります。
 
  最近は、インターネットで調べれば原価がわかる時代です。
 
  原価がわかる業界で働く人はそうでない人よりもはるかに不利な環境にいる
  ことになります。
 
  自分でできることは自分でする。
 
  欧米では当たり前のことなのですが、日本でもやっと定着しようと
  してきています。
   
  もし、自分が会社経営をしていなかったとしても、原価計算の意識を
  もつことです。
  いくらが仕入れ値、いくらが人件費、いくらが電気代・・・など、細かく
  管理することを原価計算といいます。
 
  投資家になるためには、経理ができる必要があります。
 
  どこに不動産を建てるのか、どんな建物を建てるのかは、原価計算の
  ノウハウが投資家に投資の判断をさせているのです。
   
  国の施策に無知なまま経済的に成功をおさめることは難しいでしょう。
   
  確定申告や年末調整は、国の施策に従って決められたルールのもとで
  おこなわれています。
   
  原価計算も税金と同様に会計のルールにあわせて計算されているのです。
   
  原価・税金そしてそれらを把握する会計、それらは
   
  投資家必須のスキルなのではないでしょうか。 
   
  集客と原価管理は常にセットで考える習慣を身につけておくとよいでしょう。
   ビジネススキル

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.