投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 英語学習法-英語学習ノートの作成方法

矢印 中学生のころから学校で英語の勉強を始めても一向に英語が
  話せるようにならないのには理由があります。
 
  それは、どの英語の先生も実際にはネイティブと英語を流ちょうに
  話せないのに教育委員会から求められた学習要綱に沿って指導している
  に過ぎないからです。
 
  熱心で思いやりのある先生は、生徒の悩みに親身になって付き合って
  くれることもあるでしょう。
 
  しかし、実際に英語を勉強するからには、流ちょうに話せるようになって
  そのうえで受験にも合格できるということが理想ではないでしょうか。
 
  大人になってから学生時代とは異なる点は、自分のニーズに応じた
  勉強がやりたくなるということです。
 
  ただ、そうはいっても英語は数ある中のひとつの言語に過ぎず
  どの状況や分野においても英語が聞こえる、話せる、書けるという
  ことができるに越したことはありません。
 
  仕事でTOEICが必要な人も日常会話ができるようになりたい人も
  どちらにも役立つ学習方法こそが本当に必要な英語学習です。
 
  大は小を兼ねます。
 
  英語が話せる人は、TOEICで高得点を取ることが可能です。
 
  しかし、TOEICで高得点を取る人が、必ずしも英語を流ちょうに
  話せるとは限らないのです。
 
  つまり、ネイティブに通じる英語の勉強は、英語に関するすべての
  勉強に通じているものなのです。
 
  ネイティブに通じる英語学習で使われる教材は、これまで学校で
  使われていた教科書で十分です。
 
  しかし、ノートのつくり方は、これだけは外せないという項目が
  いくつかあります。
 
  とくに、日本にいながらにして、ある程度ネイティブが話す英語を
  聞き取ったり、彼らとお話しするためには欠かせないものは以下の項目です。
 
  ・単語、熟語
  ・単語、熟語の意味
  ・発音
  ・その単語・熟語を使った文章(特にここが重要!)
 
  この4点です。
 
  この4点を自分が納得する、つまり、いかなる状況でも対応できる分量の
  単語を覚え、それに対応してその意味、発音、その単語を使った文章表現を
  覚えていくのです。
 
  とくに単語を使った文章表現は、自分が使用する辞書によって
  有益にもなれば、役に立ちにくいことも考えられます。 
   
  辞書選びは、ノートをとる前に、十分に検討しましょう。
   
  英語は慣れです。
 
  知っているというだけで、受験のように機会的に考え直す必要が
  ないこともよくあります。
 
  理論的には理解していないけれど、ネイティブが話しているのを
  真似することで会話が通じるものなのです。
 
  もちろん、英語の文法を正確に把握しておくことで、なんの迷いもなく
  自分が覚えたフレーズを使いこなすことができるということは
  いうまでもありません。
 
  本屋さんには、さまざまな参考書が販売されています。
  本当に流ちょうに英語が話せるようになる、という目的においては
  自分で作成したノートを頼りにするのが最高の英語学習方法なのです。
  英語学習法

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.