投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 


<セゾン>ブルー・アメリカン・エクスプレスカード

矢印 株 入門-株式を購入するとは、つまり、どういうことなのか?

矢印 株式を購入するとは、企業の経営権を所有するということ。
   
  これに尽きます。
 
  これ以上の意味はないですが、勝手にさまざまな捉え方をすることにより
  株式の保有期間や投資先の違いとなって現れます。
 
  または、株式投資さえしない人もいます。
 
  株式を購入することは資本主義において最も高いポジションにつくことです。
 
  社員やパート・アルバイトは解雇される恐れがあるが、出資している株主を
  解雇の対象にする企業はありません。
 
  もともと自分が投資して、そのお金を使って社員が働いているのだから
  当然です。
   
  会社はだれのものか?という議論自体がナンセンスなのです。
   
  中小企業などは、その企業規模の小ささゆえに、出資者である
  株主と経営者が同じであることはよくあることです。
 
  会社のお金を経理担当者に持ち逃げされたり、自分が営業しないと会社が
  成り立たない種類の企業は筆頭株主が代表取締役を兼ねていることが多い
  でしょう。
 
  この場合は、企業経営における責任のすべてを社長でもある株主が
  背負っていることになるので、本来の株主としての理想的な状況とは
  いえません。
   
  株主としての理想は経営権を握りながら、自らの労働力を投入することなく
  経営が成り立つ状況にすることだからです。
 
  そういった煩わしさを考慮するならば、すでに上場されている企業の経営権を
  購入することは、株主としての活動に専念できるというメリットがある。
 
  上場企業の株主になっても、その企業規模の大きさゆえに、好き勝手に
  中小企業のような自由な経営判断ができるわけではありません。
 
  むしろ、ほとんどの人は少数株主にとどまり、筆頭株主は銀行やファンドで
  あることが多いのです。
 
  しかし、不思議なことに、時間をかけて内部留保を上場企業に再投資し続ける
  ことで、中小企業のオーナー経営者兼筆頭幹部主になる場合よりも
  安全に大きく儲けるチャンスが転がっていることがあります。
 
  経営者をしてしまうと、銀行対応や労務管理まで、すべて自分で
  管理しなければならないからです。
 
  企業の経営権を購入するということが、たとえそれが部分所有であった
  としても自分でビジネスを起こすよりも大きな利益をもたらす可能性が
  あることに気付くべきでしょう。
 
  株主になるということは、事業のリスクを出資金額に限定するということ
  ですから、正確に財務諸表の分析を行ったうえで投資をしたのであれば
  たとえ自分にはその事業をする能力がなくても、出資者として経営に
  参加できるのです。
 
  新しい製品、新しい技術、新しいサービスを考える必要もないのです。
 
  それら面倒な作業は、自分が出資した企業の社員たちが今日も自分の
  利益のために働いてくれているのです。
 
  株式投資に必要な能力は、企業を見極める力をつけること。
  それができれば自分が創業した企業の株式ではなく、自分がほしい企業の
  株式を選別したうえで富豪になれる可能性があるというものです。
  株式投資 入門
 
    <セゾン>ブルー・アメリカン・エクスプレスカード
   

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.