投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!工務店の見積書におけるチェックポイント
矢印 工務店が施主に提案する見積書はあらかじめ少し値引きを要求されることを
  想定のうえで作成されています。
 
  かといって、賃貸住宅経営のオーナーとしては、安全に関わる基礎や
  構造の部分での工務店に対して過度な値下げ要求は危険です。
 
  施主はさまざまな視点から見積書を検討していくことで
  不要な地雷だけは踏まないように値下げ交渉を成功させる必要があります。
 
  ここでいう危険とは、建築に利用する製品を見積書に書かれた製品よりも
  意図的にランクを下げた製品を使って建築されてしまうことを意味します。
 
  正直に、すべての工務店が、利用する製品ランクを少し下げることを
  施主に報告してくれるとよいのですが、実際には、隠ぺいされてしまいます。
 
  工務店は、値下げをしても、売り上げに対する利益率を下げるつもりは
  はじめからないのです。
 
  これは、建築業界にいなくても、営業を経験した人であれば、理解できる話
  だと思います。
 
  ですから
  見積書のなかで、たとえ、大きく利益を乗せられていると気がついたとしても
  すぐにその部分に対する値下げを正直に追求するのではなく
  自分が希望する建物において重要な意味を持つ部分とそうでない部分に
  わけて考えて、賃貸住宅経営における利回りを考慮して総合的に
  判断していく必要があります。
   
  一旦施主からの値下げ要求が成功しても、建築途中において
  何かの理由からさまざまな要求が工務店から提案されることも想定されます。
 
  最初に依頼したことが完成まで必ず守られる保証は残念なことにありません。
   
  いちばん簡単な見積もり交渉の例は、エクステリア(お庭)も工事を依頼する
  前提で見積書を提出してもらい、最終的に建築完成前にエクステリア(お庭)
  の工事を省くといったテクニックがあります。
 
  伝え方次第では嫌な顔をされますが、契約書にも工事途中の変更は認める
  との文章がありますので、気にせず伝えることが大切です。 
  そのためにも、相見積もりを取っているときからの営業との関係づくりは
  すでに大切な施主の仕事ということなのです。 
   
  工務店としては、原価に対して、それぞれどの工事にいくらの利益の乗せる
  ことでもっともらしい見積書にみえるように考慮して見積書が作成されている
  ことを知っておくことです。
   
  工務店も、値下げされる恐れがないならば、原価いくら・一般管理費いくら
  などと見積もり明細を堂々と見せてくれるのですが、そううまく物事は
  進まないようです。
 
  大切なことは、最初から感情論でネゴすることではなく
  見積書の仕組みを理解しておくことなのです。
   
  注意深く観察していけば、思ってもみなかったところに必要以上の
  見積金額が記載されていたりするものです。 
   不動産投資 失敗しないために! 工務店交渉

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.