投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 株 入門-外国為替証拠金取引と外貨預金の違い

矢印 為替取引といえば、個人で取引できるのは、外国為替証拠金取引と
  外貨預金です。
 
  トレーダーはできるだけ早く利益を出したいと考えて外国為替証拠金
  取引を好んでしまう傾向にありますが、正確に取引の内容を理解すれば
  必ずしも外国為替証拠金取引だけが自分に都合がよいわけではありません。
 
  まず、外国為替証拠金取引と外貨預金では、決定的に違う点があります。
 
  それは、取引が成立した直後に決済を強いられる取引なのか
  そのまま外貨として保有し続けても問題がないかの違いです。
 
  外国為替証拠金取引は、証拠金を収めることで、外貨預金の
  何倍ものレバレッジをかけた取引をすることができるのですが
  利益損失ともに自分の所有する証拠金では回復できないくらいの
  大きさになることがあります。
 
  いったん取引をすれば、必ずどこかの時点で決済を求められる
  外国為替証拠金取引は、多くの人が損失を抱えたまま退場して
  しまいます。
 
  もし、同じ取引を外貨預金つまり現物取引だけにしておけば 
  損失はやがて回復するまで待ち続けるか異なる通貨などに換える
  選択肢があります。
 
  為替取引において重要なことは、もし、自分の予想と反した
  値動きが起きた場合においても損切りすることなく新たな選択肢を
  実行できる自由度がある取引ができているかどうかです。
 
  FXトレーダーのなかには、損切りの回数が多くても利益を得たときに
  大きく儲けることができていれば問題がないと説明する人もいますが
  そもそも自分のおかれた立場が決済を強いられ続けているという状況を
  無視してはいけません。
 
  これでは、取引を提供している証券会社が儲けているのか
  トレーダーが儲けているのかを比べれば、明らかに証券会社が
  安定的に決済手数料で儲けていることになるでしょう。
 
  勝てる取引には、必ずと言っていいほど、誰にでも理解ができる
  勝てる原則みたいなものがあるものです。
 
  できるだけ早く儲けたいと考えるあまり、頭の中を為替のことで
  いっぱいにしている人よりも大きな値動きが見られたときにだけ
  外貨預金をするほうがよほど儲けられるということがあるものです。
 
  日々の値動きというものは、そのほとんどが、機関投資家による
  値動きです。
 
  彼らは、個人投資家のように、好きなときだけトレードすることが
  認められていません。
 
  顧客から集めた資金を何らかの形で利益を出して
  資金流出を防がなくてはならないからです。
 
  外国為替証拠金取引はそれだけで成立しなければ儲けられない
  のに対して、外貨預金は、外国株式の購入資金にあてることで
  一時的な損失を今後また値動きがあるまで待つことで
  保留にすることができるのです。
   
  外国為替証拠金取引と外貨預金では、トレーダーの
  金融市場における立ち位置が全く異なるものなのです。 
   株式投資 入門

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.