投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 株 入門-外国株式を購入するための為替取引

矢印 外国株式を購入するためには外貨が必要になります。
 
  もともと外国で生活をしているか、外貨での所得がない限り
  外国株式を購入するためには、まず外貨の購入をしなければ
  なりません。
 
  コカ・コーラの株式を購入するためにはドルを
  アディダスの株式を購入するためにはユーロが必要です。
 
  日本人投資家に海外投資の障害となっているものは英語です。
  しかし、英語が理解できても為替取引が障害となって外国株式を
  購入できるタイミングを失っています。
 
  残念なことに、株式が購入できる最適なタイミングと
  為替取引の最適なタイミングは一致しません。
 
  必ずどちらかだけが大幅な値動きをみせるものです。
 
  最も外国株式を購入しにくいタイミングは、投資先の外貨が
  高すぎて購入できないときに株価だけが暴落することです。
 
  超長期で保有すれば、為替が高くてもその後得られる配当を 
  外貨のままで受け取り、再投資に回すことでやがて訪れる
  外貨の変動や株価の上昇によって時間をかけて利益を生む
  投資先となっていきます。
 
  しかし、それが理解できたり、実際に購入して
  そのまま保有し続けられる投資家があまりにも少ないのです。
 
  もちろん、最適な購入方法は外貨を安く購入しながら
  株式の暴落に備え、実際に株価が安く投げ売りされたときに
  大量購入することで大きな儲けが期待できます。
 
  しかし、株価の大暴落というのは、数年に1度しか起こらないために
  継続的に投資をするのであれば、投資先から得られた配当や
  投資の資金を最安値でなくとも投資に回したいものです。
 
  ここで言っている再投資とは、無理やりにでも現金を株式に
  するのではなく、ほどほどに安い水準が続く数年間も
  株式や外貨を購入できる時期が数年間はあるということです。
 
  絶対に大暴落が起きるまで投資をしない場合と
  ほどほどに安い期間においても数回に分けて
  投資する場合とではどちらが儲かるのか
  正確に見通せないほどの安い水準であれば
  確実な利益がでるポイントを絞れば購入の余地があります。
 
  為替が暴落したときに外貨を購入して
  株式が暴落すればその外貨で株式を購入する。
 
  このやり方はシンプルですが、できそうでできないのには
  原因があります。
 
  自分の頭の中で様々な情報が飛び交い、何が何なのかわからない
  状態では、確たる自信を持って同じルーティンで資産を築くことは
  難しいでしょう。 
   
  投資で利益を得るためには、同じルーティンを続ける必要が
  ありますので、相場の全体を把握できなければ外国株式を
  購入するのには、まだ時期尚早なのかもしれません。 
   株式投資 入門

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.