投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-原価の3要素

矢印 原価には大きく分けて3つの種類に分けられます。
 
  それは、材料費、労務費、経費の3つです。
 
  これら3つをあわせて製造原価と呼んでいます。
 
  これらの分類は、会社の大きさに関係がなく、モノを製造して販売する
  会社であれば、すべての会社における製造原価を3つに分類することが
  できます。
 
  会社が原価を集計する目的は、決算をして納税することと利益の把握です。
 
  決算書類を作成して納税するだけであれば、原価の中身が具体的に
  どのようになっているのか詳細に把握できなくてもとくに問題はありません。
 
  しかし、利益を出した、または、出せなかった原因を詳細に把握するためには
  原価をより細かく分類して分析する必要があります。
 
  原価は、その内容に着目して、お金が使われた目的ごとに分類していきます。
 
  たとえば、材料費の場合、製品の製造のための材料費なのか、1度販売した
  製品の修理のための材料費なのか、新製品開発のための開発研究費なのか 
  目的によって原価を分類することができます。
 
  このように詳細に分類しておくことで、製品の利益率を上げるためにどこを
  改善すべきなのか、明確にすることができるようになります。
 
  営業成績の良い人からしてみれば、会社が儲かっているのは自分が
  商品を販売しているからで、原価の把握はそれほど利益に貢献しないと
  考えがちですが、原価を把握しなければ、会社に残るはずであったお金までも
  知らない間に失ってしまうこともあるのです。
 
  規模の小さな会社では、原価の把握があいまいで、規模の大きな会社では
  原価の把握が正確になされているのは、売上に対する原価管理の重要性が
  異なるからです。
 
  原価管理自体が、利益を生まない管理費でもある以上、お金をかけて
  原価を把握するよりも営業に専念したほうが得をする会社もあります。
 
  そういった会社は、会社の規模が大きくなっていくどこかの時点において
  原価を管理するメリットが出てくるものなのです。
 
  ただ、従業員の少ない小さな会社であったとしても、経営者であれば
  頭の中では原価計算ができていなくてはなりません。
 
  原価計算ができる経営者ほど、無駄に人を雇用することに抵抗を感じる
  ものです。
   
  日々作成する伝票を見ながら、材料費、労務費、経費を頭の中で
  整理しながら業務を遂行することができれば、何でも会計のソフトに
  頼ろうとする癖がなくなることでしょう。
 
  できるだけたくさんの費目を暗記して、業務をしながら原価を大まかに
  把握していく。
 
  そして、データと照らし合わせて自分の把握していた原価との誤差を
  確認する。
 
  原価の3要素を理解するのは、単なる節約のためではなく
  資金繰りに直結する大切な業務なのです。
   ビジネススキル 原価計算

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.