投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-原価の種類

矢印 原価という言葉は同じですが、仕入れる場合の原価は『仕入原価』
  作る場合の原価は『製造原価』といいます。
 
  たとえば
  同じ家電を売ることが仕事であるAさんとBさんがいます。
 
  しかし、Aさんは家電販売店の店員であり、Bさんは家電製造会社の
  営業マンだとします。
 
  この2人は同じ家電を取り扱う仕事ですが、それぞれにとって家電の
  意味することは異なります。
 
  家電を販売するAさんは、家電を仕入れるためにかかったお金が原価と
  単純に考えているでしょう。
 
  一方で、Bさんの仕事は、家電を製造して販売することです。
 
  Bさんにとっては家電を作るためにかかったお金、たとえば、材料費
  人件費、さらに機械設備投資の費用も原価に含まれます。
 
  原価といっても、仕入れ原価と製造原価とでは、その意味することが
  異なります。 
 
  もっとも狭い意味での原価とは、製造原価のことを指します。
 
  サービス業における原価のことは、役務原価といわれます。
 
  また、建設業では、完成工事原価と呼ばれています。
 
  ひと言で原価といっても仕事によってその中身も呼び名も異なります。
 
  原価は、その意味することを正確に理解しておかなければ、経費などと
  混同してしまい、経営判断を誤れば、販売商品の利益率に大きく影響して
  しまいます。
 
  また、商品の仕入れ原価は、仕入れの数量を増減すれば原価管理が
  わかりやすいですが、製造業の場合は、急な注文への対処の必要から
  必ずしも自分の意図だけで原材料や部品を発注できる環境にない業種も
  あります。
 
  製品は完成していないけれど、仕掛品として工場内に置かれているものも
  その会社としては、出荷前で完成前の製品は、原価にできるかできないか
  決算を迎えるまで正確には把握しきれないものです。
 
  事業年度内に仕入れた原材料や部品でも、それが完成品として
  出荷されるまでは、会計上それらは会社の資産の一部であり
  製造原価ではあっても売り上げ原価としては認められないからです。
 
  あたらしく自分で起業を考えるのであれば、自分がはじめる業種においての
  原価の扱い方を理解しておかなくてはなりません。
 
  原価の扱われ方の違い次第で、銀行からのお金の借り方など
  資金繰りに影響を与えるものです。
 
  ビジネスをはじめる人にとって、そのビジネスの参入障壁の高さと
  原価への理解が、ビジネスを成功に導けるかどうかのカギを握ることに
  なるでしょう。
   ビジネススキル-原価計算

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.