投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 銀行の法人担当営業マンの弱み

矢印 銀行は、支店同士または営業マン同士で営業成績を競い合っている
  ところです。
   
  日頃利用するATMでさえ、その支店の支店長からすれば、いつも自分の
  支店のATMを利用してほしいと考えています。
 
  個人の顧客に対しては、訪問販売のように仲良くなって心を開いてもらって
  金融商品を販売するというのが営業の流れです。
 
  法人を担当する営業マンも同じ営業であることに変わりはないので
  だいたい同じような考えをしていますが、基本的には、営業先が法人である
  以上、最後の決済は取引先の財務部長や社長です。
 
  個人の顧客であれば、多少の同情営業をすることができますが、法人は
  必ず利害で動きます。
 
  定期的に営業に来る銀行に対して、自分が優位に交渉を進めるためには
  何が必要なのでしょうか?
 
  銀行の法人担当営業マンの弱みを握るには、彼らが何で評価されて
  いるかを知ることが必要です。
 
  法人を担当する営業マンは、融資のほか、自分が担当する取引企業の
  売掛金の入金と手形の持ち込み、買掛金の支払いと手形の持ち込み
  それに金融商品の販売など手数料と利息の営業成績で評価されます。
 
  つまり、お金に関する取引をできるだけ自分の銀行を通して取引してもらう
  ことが収益の増加につながるのです。
 
  銀行を利用する側からしてみれば、どこの銀行を利用しても対して利便性は
  変わりません。
 
  そのため、銀行の法人担当営業マンは、とても厳しい競争に
  さらされています。
   
  銀行からできるだけ有利な融資条件を引き出すコツ、それは、その銀行の
  利用方法を変えることです。
 
  これまでに買掛金の支払いをすべて同じ銀行で支払っていたのであれば
  そのうちの半分を別の銀行で支払ってしまうのです。
 
  条件の良い金利を提示しないのであれば、日頃の営業の成績に響きますよ
  と間接的に脅すのです。
 
  銀行の担当者の営業成績や支店の売り上げなど、その銀行が抱える
  独自の事情につけ込めるように日頃から取引を全面的にはしないことを
  習慣にしておくことです。
   
  銀行も取引企業の態度が変われば、元に戻してほしい、といった要求をして
  くることでしょう。
 
  そこからが、本当の意味での交渉に入ることになるのです。
 
  押したり引いたりしていくなかで、長い付き合いを続ける前提で、思い通りの
  取引ができるように銀行の法人担当者との関係を良好に保ち続ける必要が
  あります。
 
  銀行は、取引先とどんな交渉をしたのか、担当者が代わっても交渉が
  できるように支店内で記録しているものです。
   
  あの人がいるうちは、うまみのある取引はできそうにないけれど、関係は
  絶ちたくないと思われる会社が理想なのです。 
   銀行交渉

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.