投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-銀行という組織を理解する

矢印 預貯金を出し入れしていることでしか銀行を利用していない人には
  なじみがないかもしれませんが、銀行というところは、本来はお金を
  借りるところです。
   
  銀行は、預金者から集めたお金を使って儲かると判断した事業に融資する
  ことが仕事です。
 
  できるだけ多くの人から少しでも多くの預金をしてもらうために支店では
  さまざまなサービスを駆使して預金を集めていますが、本当は運用や融資で
  多額の利益をあげることが狙いです。
 
  多額の利益をあげるためには、お金持ちに事業の提案をする必要があります。
 
  または、お金持ちのニーズにこたえる必要があります。
 
  銀行は、お金持ちでない人からもお金を集めようとはしますが、その貸付先が
  お金持ちでない人であることはありません。
 
  お金持ちでない人にお金を貸してしまうと貸し付けの焦げ付きリスクが高く
  商売が成り立ちません。
 
  銀行が取る行動をよく観察すれば、お金の流れや動きが見えてくるものです。
   
  お金は、決して下から上には上がっていきません。
 
  お金のある人が借り入れをすることで、そのお金が売り上げやそこで
  働く人の給料に変わることで末端の人々までお金が流れていくのが
  資本主義の仕組みです。
   
  銀行は、交渉の相手を選びます。
 
  中小企業であれば、支店長は社長としか会いません。
 
  課長は財務部長や経理の責任者と会います。
 
  課長代理は、課長の指示で動くことになります。
 
  平社員は、ランダムに会社にやってきて、ネットバンキングやファンドの
  営業をします。
 
  窓口で笑顔で接客する人たちは、銀行の主な営業部隊ではありません。
 
  なかには、大金持ちでリタイヤした個人のお客様がいますが、銀行は要領よく
  お金を融資したいものなので、できるだけ儲かっている企業に一度で多額の
  融資を長期間にわたってしてもらえる努力をするものです。
 
  銀行は恐いところです。
 
  銀行は不意を突きます。
 
  銀行は契約のために嘘をつきます。
 
  銀行をうまく利用するには、それなりの交渉力が必要です。
 
  ですが、どこかで経験ができるというものではありません。
 
  担当者との相性もありますし、銀行の方針にも影響を受けます。
 
  その時代の金利状況も関係します。
   
  銀行という組織は、法人営業部の担当者と交渉してはじめて見えて
  くるものです。
   
  銀行のおこなっている営業活動は、ときに、形を変えた振り込め詐欺と 
  変わらないことがあるのです。 
   
  用心しないとカモにされてしまうことでしょう。
   ビジネススキル-銀行交渉

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.