投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!物件のホームページを制作する
矢印 これまでの賃貸の集客方法といえば、不動産会社によって不動産
  ポータルサイトに掲載してもらったり、チラシ広告に掲載されることでした。
 
  チラシはまだ良いのですが、長年不動産経営をしている大家にとって
  ほかの良く似た物件と比較されることは、デメリットはあってもメリットは
  ありません。
   
  新築で建築する計画段階から相当なこだわりを持って建てられた不動産や
  立地がよすぎて競合のいない不動産でなければ、ほかの物件との競争は
  避けるべきでしょう。
 
  そのために大家ができることは、自分で集客することです。
  あたらしいほかの物件がたとえ自分の物件の真横で新築されようとも
  難なく集客できるあなたなりの強みが必要です。
 
  そのひとつが物件紹介用のホームページ制作といえるでしょう。
 
  どうして日本にはこれほど多くの不動産会社が駅前などで営業している
  のでしょうか。
   
  不動産会社は駅前にありますが、物件は様ざまに点在しています。
  お客さんとしては、どの物件が空いているのか、自分で確認することが
  できれば信用やトラブル対応の手間といった問題は少しありますが
  基本的に大家さんに直接連絡を取りたいはずです。
 
  不動産会社はさまざまな不動産情報を来店してきたお客さんに希望を
  最聞いたうえで、も成約されそうな物件を効率的に紹介することを
  心がけています。
   
  基本的には、間取りが1Kを希望されれば、無理やりに1LDKを
  紹介することはありません。
 
  入居希望者からしてみれば、本当は部屋のなかを見られたかもしれないのに
  不動産会社の都合で、その機会を奪われていることになります。
   
  一方で、少しでも手数料や初期費用を安く抑えたいと考えている人が
  利用するのが不動産ポータルサイトです。
 
  引っ越しのシーズンであれば大差はありませんが、そうでない時期に
  引っ越しを考える人は、少しでも現在あいている部屋を安くしてもらって
  入居しようとする傾向にあります。
 
  物件探しをしている人は、たくさんの部屋を比較検討することで
  ポータルサイトを利用して、手軽で便利にお部屋探しができていると
  考えているようですが、ポータルサイトはフォーマットに合わせて物件情報を
  入力するので、どの物件もたいした違いがわかりません。
   
  また、入力を担当した不動産会社の担当者の工夫が、その物件の反響率を 
  大きく左右させることになるでしょう。
   
  大家としては、いかなる状況においても、同じレベル属性の入居者を
  安定的に入居させたいものです。
 
  つまり、基本的には、自分の物件を自分で募集していないということは
  非常にまずい状況なのです。
 
  自分が苦労して建築した建物を不動産会社に乗っ取られている
  ようなものです。
   
  ・大家としては、自分がどの部分にこだわってその不動産を建築したのか。
  ・周辺の物件と比較して、具体的にどこが違うのか。
  ・実際に入居すれば、どんなメリットがあるのか。
   
  について、不動産ポータルサイトのフォーマットに合わせずに
  自分の言葉で不特定多数の閲覧者に伝えていく必要があります。
 
  その中の何人かは、あなたのオリジナルな物件紹介に興味を持ち、何らかの
  コンタクトをもらえるようになるでしょう。
 
  そこで得られた質問や希望は、入居率維持のためのマーケティングの
  材料にもなるでしょうし、価格交渉を大家主導でおこなうことができる
  可能性が高まります。
 
  大家と入居希望者とのあいだに不動産会社が入ってしまうと、不動産会社が
  独自の判断で入居者の希望以上の家賃値下げを要求してくることも
  あり得ます。
   
  不動産経営において、当初の事業計画の変更を余儀なくさせる大きな理由は
  不動産会社によるなりふり構わぬ家賃の値下げ要求です。
 
  おおよその目安としては、全戸のうち約半分は自分でみつけてきた人に
  入居してもらえる状況をめざして、自分で制作した物件紹介用の
  ホームページを制作しましょう。
 
  写真と文章、それに少しのロゴやバナーだけのホームページなら
  10万円以下で制作できるでしょう。
   
  投資倶楽部 World Explorerでは、ホームページの制作のお手伝いをして
  おります。
   
  お気軽にご相談ください。
  不動産投資 失敗しないために! 賃貸管理

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.