投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 税金対策-法人と個人事業主、どちらでビジネスを始めるべきか?

矢印 ビジネスを始めるときにどの形態でビジネスを始めるべきなのか
  その目的に応じて選択することができます。
 
  ビジネスを始めようとする多くの人は、個人でビジネスをした場合の
  所得税の税率と法人税率とを天秤にかけているように見受けられます。
 
  ビジネスを始めるまでに本当は所得の受け取り方やその金額
  内部留保の活用方法まで決めたうえで判断するべきですが
  ほとんどのケースでは、何も考えずに利益が出るまでは
  個人事業主でやろうとしたり、信用がありそうというイメージから
  法人を設立しているようです。
 
  会社形態というものは、利益、つまり内部留保をどう増やしていくか
  この1点だけを意識して経営することで利益の最大化が
  図られるのです。
 
  よく、税理士のアドバイスを受けて、役員報酬として受け取ることで
  費用計上する、とか、決算前にパソコンを大量に購入して
  損金をつくる経営者がいますが、これらの節税対策は、結果的には
  その人の富の蓄積を妨げるものとなります。
 
  短期的には費用が増えることで税法上の損金が増えて 
  一旦は取られずに済むお金が増えたことになるとも言えますが
  長期的には複利で再投資に回すことができるお金を
  減らしてしまうことになったり、内部留保の減少によって
  自分が経営する会社の株式価格、つまり会社の売値を
  落としていることになるのです。
 
  会社を売るつまりがあるかないかは特に関係がありません。
  売ろうと思えば高く出売れる、その事実こそを握りしめておく 
  必要があります。 
   
  短期的には個人所得を増やすことが自分の富を
  増やしたような感覚に陥りますが、長い目でみれば
  買い物をするわけでもないのに税金としてお金を無駄に
  消費しているような状況とかわらなくなります。
 
  お金というものは、物やサービスと交換できるものですが
  価値として所有するうえでは、株式価値も不動産価格も
  それらを取り崩すまでは財産としての価値なのです。
 
  ですから法人でビジネスを始めるのか、個人でビジネスを
  始めるのかを決めるにあたって考慮すべきことは、価値の
  最大化をしやすい形態を選ぶというとてもシンプルな考え方で
  問題ないのです。
 
  自分のビジネスは、取引先から会社組織でないと取引条件に
  合わないという理由で取引をしてもらえないのであれば、法人
  として始めることでしょう。
 
  または、会社形態が特にこだわられないビジネスなのであれば
  自分に最も都合よく経営ができる組織形態を選ぶと良い
  のではないでしょうか。
 
  誰だってお金持ちになりたい、程度の差はありますが
  みんながそう考えています。
   
  なのにもかかわらず、安易に節税の視点で会社の形態を
  決めてしまったり、お決まりのように損金を計上することが
  日常的におこなわれてしまえば、それは富の蓄積という
  資本主義本来の目的ではなく、実際にはポイントカードに
  ポイントをためる程度のお得しか得られていないことになるのです。
 
  なによりもまずお金を増やすために必要なことは
  さらなる利益を求めるための種銭、つまり現金を 
  確保するということになるのです。 
   
  損金の計上は、種銭を捨てているような、非常にまずい行為なのです。
   
  内部留保を蓄積するための手段、その選択肢が、法人または
  個人事業主なのです。 
   税金対策(会計実務と税務処理)

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.