投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!土地を購入するための隣地の調査

矢印 土地を購入するときには立地や地盤の調査と合わせて購入を検討している
  土地の周辺環境を調査する必要があります。
 
  その地域の環境が土地の価格を決定し、家賃の相場形成につながるからです。
 
  投資家としては、できるだけ安く土地を仕入れ、できるだけ安定して
  高い家賃を確保すべきです。
 
  ついでにいえば、将来的に地価の上昇が見込める地域や都市区画整備が
  されつつある田舎などを検討しておきたいものです。
 
  賃貸住宅経営をするうえで隣地に何もない、または距離が離れていると
  いうのは、非常に魅力的です。
 
  仲介をする不動産会社にとってもその場しのぎのセールストークをする
  必要がなく入居者が決まりやすいからです。
 
  入居後の居心地をイメージしない人などいるはずがないからです。
   
  隣地の調査をより詳細におこなえば、開放的であるということが、どれだけ
  安定した家賃収入の確保に貢献しているのかに気づかせてくれます。
 
  また、周りに建物が少なく開放的であるということは、今後において
  宅地開発が進められる可能性を秘めていることにもなります。 
 
  都会では、開放的であることは、希望しても通勤に不便であるために
  あきらめている人が大半です。
 
  都会には都会でしかできない利便性を追求し、田舎では田舎にしかない
  開放的な住環境を提供することができれば、複数の物件をひとりで運営する
  ことも可能です。
   
  現実的に検討すれば、両親など家族や親戚から相続した土地でなければ
  都会よりも田舎のほうが利回りが高いと言えるでしょう。
 
  隣地の所有者がだれであるかという不安も田舎であれば近所の人に聞けば
  教えてもらうことができます。
 
  登記簿謄本で調べることはできますが、社会の目が行き届いているという
  近隣の環境はこれから不動産経営を始める投資家には捨てがたいものが
  あります。
   
  それは、自分が不動産経営をはじめたあとから周辺環境が大きく変化する
  リスクに対応するためです。
 
  いわゆる、何でもアリであるエリアには何でもされてしまうリスクを
  抱えていることになるからです。
 
  不動産経営をはじめたことがない人が勘違いをしていることは、隣地や
  周辺環境の調査においては、隣地同士の日照権やゴミの出し方、さらに
  入居者の属性以上に大切なことがあるということです。
 
  入居者の生活態度は大家さんの属性をあらわします。
 
  生活態度がきちんとしている人が住んでいる賃貸住宅には、きちんとした
  大家さんが入居審査をおこなっているのです。
 
  自分が調査した土地の周辺環境をみれば、購入後の自治会での人間関係さえも
  容易にイメージできてしまうというものです。
 
  土地の購入後や建築後の苦労は、隣地の調査をどれだけ詳細におこなえて
  いたかで決まるものです。
   不動産投資 失敗しないために! 土地の仕入れ

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.