投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-会計処理が自分でできる優位性

矢印 独立を検討したときに、多くの人が決算や税務申告について他人に聞くことが
  できずにネットで検索していることが多いようです。
 
  ネットではさまざまなアドバイスを求めた掲示板やそれに回答している
  アドバイスを見てみると、必ずしも実務を経験した人が書いているとは
  限らないことが容易にわかります。
 
  本当に決算や税務申告をしたことがある人であれば、具体的な税制などは
  引き合いに出さず、まずはやってみることをすすめるものです。
 
  実務を経験している人は、細かくアドバイスをしたところで、実際にやって
  みればすぐに思い通りにいかなくなることに気がつくことを知っています。 
   
  言いたがり屋さんは、ただの事情通です。
   
  どちらが良いかは経営者の判断ですが、必要か不必要かでいえば、税理士
  に財務諸表を提出して確定申告をすること自体は不必要です。
 
  昔であれば、税務署に物が言える税理士に確定申告を依頼することは
  会社の経営を安定させると考えられていましたが、現在は関係ありません。
   
  費用対効果が良ければ、税理士に依頼することも選択肢になるというだけで
  税務申告は経営者が自分でするのが最も理にかなっています。
 
  会計処理、つまり、財務諸表を作成するとは、そもそも、会社の取引を
  経理担当者が伝票に起こして、それらを集計することで、損益計算書や
  貸借対照表を作成することです。
 
  会計ソフトを買うことをすすめられるのも経理を理解していない人にとって
  みれば、そのほうが費用対効果が良いからというだけで、本当は経理が
  できないのに独立をすること自体が相当な不利なのです。
 
  財務諸表はこうやって作成される、という流れを理解することで
  計画的に営業をすることができるようになります。
 
  経営で最も大切なことは営業であり利益をあげることです。
 
  会計処理が自分でできて、財務諸表の作成ができるとネットでささやかれる
  情報やお世話になった人からのありがた迷惑なアドバイスさえ交わすことが
  できるようになり、ストレスの少ない経営ができるようになります。
 
  最も大切なことは、経営者である自分が、意図した決算書を作成できて
  いるのか、といことです。
 
  これは、会計操作をすることではありません。
 
  税務署のチェックに無駄におびえることなく、税務申告のあり方、つまり
  申告納税制度の原則を理解しているということです。
 
  申告納税制度とは、まずは自分がこれで良いと判断した内容の決算書を
  提出して、問題があると判断されたり、納税者と税務署とのあいだで
  解釈に食い違いが出たときは、判例がなければそれについて争うだけの
  ことなのです。
 
  会計処理におびえる経営者や個人事業主は、自分がどのような制度のもとで
  経済活動をしているのかということをまったく理解ができていません。
 
  会計処理を理解するということは、振替伝票が書けるということではなく
  申告納税制度を理解すること、そのものなのです。
  ビジネススキル-経営戦略

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.