投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-勘定合って銭足らず

矢印 経営者が最も恐れる事態、それは、会計上の利益が出ているにもかかわらず
  お金が入金されない、つまり、勘定合って銭足らず、になることです。
 
  取引がなかったり、創業間もない会社が会計上の赤字なのであれば、とくに
  気にすることはありません。
 
  しかし、会社が倒産に追い込まれるのは、実際に取引がおこなわれた後で
  その売り上げに対する入金が予定通りに実行されないとなれば、その売り上げ
  を見込んだ買掛金の支払いができなくなってしまい、倒産の危険が
  高まります。
   
  会社としては、債務を抱えた状態で黒字倒産をすることだけは避けなければ
  なりません。
 
  取引先に迷惑がかかるだけでなく、社員が生活できなくなってしまいます。
 
  会社は、会計上の利益さえ出ていれば、いま手元に現金がなかったとしても
  銀行からの融資や出資などがあれば、運営が続けられるようになっています。
 
  会社というところは、原則として続けることが前提であり、売り上げから
  もたらされる入金の当てがあるかぎり、決算が黒字であろうが赤字であろうが
  一向に構わないのです。
   
  多くの企業は、設備投資の資金を社債や借り入れに頼っていることは
  自分がサラリーマンであったとしても証券会社のホームページなどで
  確認することができます。
 
  知っている人は少ないのですが、すべてのお金は、元をたどれば
  すべて銀行からの借入金です。
 
  誰かが銀行からお金を借りたことで生産活動がはじまるのです。
 
  そしてそのお金が、やがて売り上げになり、経費になり、給与になり
  税金に変化していくのです。
 
  勘定合って銭さえ間に合えば、何だって良いことになります。
 
  これが会社を経営するということです。
 
  会社の会計処理は、経営者の世界観が反映されるものです。
 
  何があっても愚直に現金経営を貫く経営者もいれば、社債の発行を
  することで事業拡大を狙う経営者もいます。
 
  売り上げの拡大に限界を感じながらも、法人税の納税資金を借り入れに頼る
  中小企業もたくさんあります。
 
  資金繰りの改善は、売り上げからもたらされる利益が、いかに安定しているか
  によって決まります。
 
  資金繰りといえば、支払いを間に合わせることと捉えられがちですが
  資金繰りとは、お金を間に合わせるという意味だけでなく利益の再投資先を
  みつけてくるという意味の2種類があります。
 
  勘定合って銭足らずの状態には、有り余るお金の運用ミスでも起こります。
 
  そして、その結果もたらされる会社の損害は、お金がない会社の資金繰りと
  変わらない結末を迎えることになるのです。
   ビジネススキル-経営戦略

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.