投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために-管理会社の担当者が大家を困らせる理由
矢印 入居者が入居した時に、大家は管理会社に対して手数料として家賃の
  1ヶ月分を支払うことが多いです。
 
  本当は、入居者から仲介手数料を1ヶ月分もらえば、大家からはそれ
  以上は手数料をもらってはいけないことになっています。
 
  ここでの問題は、不動産会社が大家から宅建業法に反して、手数料を
  余分に請求していることではありません。
 
  問題は、宅建業法まで違反して手数料を請求しておきながら(実際には
  手数料の名目を素直に仲介手数料とせず、管理費としてしまうことで、
  正当性を主張できるようにしておくことが多いです。)、それに見合った
  管理がされているケースはあまり見受けられません。
 
  ひどいケースだと、物件の見回りもしていません。
  ほとんどの不動産会社は、管理するという名目でお金を請求しますが
  実際に行動してくれるのは、大家が何かを依頼したときだけです。
 
  不動産という産業の性質上、不動産会社は大家に対して、入居者募集の
  段階からあらゆる場面でハッタリを言いいます。
 
  具体的には下記のようなことがあります。
 
  ・法人契約だから入居者が引越しで出て行っても、つぎにまた同じ会社の
  人が契約してくれます、と言ってくる。
 
  本当は、そんな当てはどこにもなくても、今手数料がほしいがために嘘を
  つくのです。
   
  ・よく読みなおしてみると、契約書の内容を無断で変更している。
 
  気付かないうちにサインをしてしまえば、大家の責任になりますので
  気をつけましょう。
 
  特約部分に変更を加えることも考えられます。
 
  入居者に要望されたが、素直に大家に確認をとると、断られる可能性が
  高いと担当者が判断した時に、申込みが契約されないように、自分の
  判断で契約書を書き換えたのでしょう。
 
  たとえ、ひとつ前の契約書の上書き保存を修正しなおすのを忘れて
  いただけだとしても、うっかりミスでは許されません。
   
  言語道断ですから、危ないと感じたらすぐに管理会社を変更しましょう。
 
  ・この地域では、更新料は取らないんです。など周辺物件の条件を
  不動産ポータルサイトで確認すれば、すぐにわかる嘘を平然とつく。
 
  これは、担当者が自分の事務の手間を省きたいという思惑があります。
 
  ・絶対にやめてほしいと強く要望したことを、入居者に依頼されたからと
  いう理由で何度もルールの変更を迫る。
 
  たとえば、喫煙可、事務所OKなどの条件変更を要求してくる。
 
  また、少し安い家賃で入居者を入れたときに、ほかの入居者の家賃も下げて
  あげてほしいといった要求も田舎を中心にありえることです。
 
  田舎では、知り合いの不動産会社に頼んで賃貸物件を紹介してもらうことが
  多いです。
   
  自分が知り合いに紹介した部屋の家賃より見ず知らずの人に
  紹介した家賃のほうが高い場合に、まるで自分の所有物件のように
  あつかましくも知り合いの家賃を下げるように独断で要求してくる
  不動産会社もあります。
   
  地域にもよりますが、都会には都会なりのトラブル。
  田舎には田舎なりのトラブルが考えられます。
 
  つまらない担当者によるトラブルに巻き込まれないように、きっちりと
  自分の物件のルールを大家目線で守ってくれる管理会社に管理の一部を
  依頼しましょう。
  不動産投資 失敗しないために!賃貸管理

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.