投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-経営者のなすべきことを理解する

矢印 経営者のなすべきこと、それは企業の利益を最大化し株価を
  上昇させることです。
   
  どのような規模の会社経営者にも共通していえることは、安定した
  利益のもとで継続的に利益を増加させていくことに尽きます。
 
  経営姿勢というものは、その経営者の生い立ちが深く影響してくるものです。
 
  創業者は強い影響力と一貫した経営姿勢があることが多いです。
 
  2代目や創業者一族の後継者が同じように社員を管理できるとは限りません。
  場合によっては株主として経営者を雇うこともあるでしょう。
 
  日本人は企業経営を理解していませんから社員は必ずしも経営上好ましくない
  ことであってもそれが経営者に受け入れられそうであれば躊躇なく要望して
  くるものです。
 
  オフィスにおいて、文房具の機能が話題にのぼったり、重箱の隅を突くような
  組織のルールを考え出すことが日本人の特徴といえます。
 
  そして、まぁ大丈夫でしょう!、が口癖であったりします。
 
  企業の経営者は、社員のいい加減さや無秩序な思考をいかにうまく
  活用できるのかに企業の命運が関わってきます。
 
  儲かっている企業は、従業員の能力よりも製品の技術や独占的な立場が
  実際の企業経営を支えていることが多いものです。
 
  経営者というものは、経営上仕方なくおこなったことであったとしても
  それが社員による自由な意思によっておこなわれたかのように振る舞う
  必要があります。
 
  そうでなければ、社員が仕事に面白みを感じることができなくなり、仕事に
  対するモチベーションが下がってしまうからです。
 
  本当は、社員は自分の取る行動のひとつひとつが巡り巡って自分の給料に
  影響を与えていることに気がつくべきなのです。
 
  社員というものは、目の前にわかりやすく落ちている自分の利益にしか
  反応を示さないことが大半です。
 
  実は、それが長い目でみれば利益でなかったとしても、です。
   
  もしも、自分が経営者だったら、などという経営者が期待する考えや思考は
  まったくもって備わっていないことのほうが多いのです。
 
  経営者のなすべきことは、社員の気持ちを受け入れて寄り添うことです。
 
  共感してあげるだけで自分から仕事をしたいとやる気を出すように
  なるものです。
   
  そんなに苦労をしたくないと考えるのであれば、あらかじめ抱える必要のない
  苦労を避ける工夫が必要です。
 
  わざわざ苦労をすることが良いかのような風潮がありますが、違います。
 
  無駄な苦労を省いて事業に集中できる環境を整えるからこそ理想的な経営に
  近づけるというものなのです。
  ビジネススキル

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.