投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 見積書(内訳明細書)は誰でも読むことができる
矢印 工務店から提案された見積書は自分で読むことができないと思って
  いませんか?
 
  見積書を読む能力は、誰かに習わなくても理解できる人は理解できます。
 
  見積書の中身、とりわけ内訳明細書を読める人と読めない人の違いは
  工事内容の確認をする気があるかないか、だけです。
 
  残念ながら、内訳明細書を提出されたとしても、そこに書かれた内容が
  施主が依頼した工事内容すべてを記載しているのかどうか、確認できるのは
  建築士や工務店で働いた経験のある人たちだけです。
 
  不動産投資をしている人、そのなかで新築で賃貸住宅を建築した人が
  見積書の内訳明細書に記載された内容を正確に把握できているわけでは
  ありません。
 
  内訳明細書を読むということは、自分が依頼した工事内容がすべて
  完成できるだけの工事に必要な作業内容や住宅設備、建築資材が
  網羅されているかどうかを確認することです。
 
  施主としては、とくに工事終了後に壁や天井の内側に隠れてしまい
  見えないところに関して、本当に正確に工事がされたのかどうか不安が
  残ります。
 
  そういった不透明なところについて、注意深く内訳明細書の確認を
  契約書にサインする前にする必要があります。
 
  電気工事や壁の内側のボードの張り方など、ノウハウのない施主が
  ひとりで判断するのは難しいです。
 
  施主が自分自身で判断できないことは、見積書を提出した工務店に
  素直に聞いてしまえば良いのです。
 
  『ここに書かれた内訳明細書とおりに工事をした場合、入居者が生活音を
  気にすることがないレベルの防音対策がされていますか?』
 
  『トイレの水を流した音は、隣の入居者に聞こえてしまいますか?』
 
  上記の質問をすることで、内訳明細書に書かれたとおりに工事を
  して良いのかどうか、判断する材料になります。
 
  もちろん、工事を請け負う工務店の言うことは、第3者が見れば不自然な
  ところがないかどうか、ほかの建築士に確認をするとさらに適切に判断できる
  ことでしょう。
 
  見積書の内訳明細書を確認するのは、自分が交渉において、墓穴を
  掘らないために絶対に必要な作業のひとつです。
 
  工務店は、見積書の内訳明細書に記載していないことは、たとえ
  施主にとって絶対必要な工事であったとしてもその工事をやる義務が
  ありません。
 
  指示しなかった施主が悪いことになるのです。
 
  1番施主にとって安心なやり方は、見積書の内容確認をすべて
  メールでやり取りすることです。
 
  工務店とメールでやり取りすることで、工事完成前に工事の依頼し忘れ
  があったり、微妙な工事の変更にも対応しやすくなります。
 
  また、建築トラブルの解消にもつながります。
 
  すべてのやり取りをメールでしていれば、それまでの交渉の経緯が
  あからさまになります。
 
  どちらに非があるのか、どこに問題があったのか、後日確認することが
  できます。
 
  請負工事という契約の性質上、施主が工事をするかどうか、工務店を
  待たせたり、工事内容を変更することに抵抗を感じる必要はありません。 
   
  たとえ、見積書の金額が下がるような工事内容の変更であったとしても
  施主の要求を断る権利は、工務店にはありません。 
   
  より細かく内訳明細書をつくらせることで、無駄な工事を見抜く
  きっかけにもなります。
   
  工事内容の変更依頼をするたびに見積書を受け取っているうちに、見積書の
  どこにより多くの利益が含まれているのか、専門知識がなくてもわかることが
  あります。 
   
  より細かく内訳明細書を作成させることで、より正確にほかの工務店との
  相見積もりが可能になります。 
   
  見積書を読むことで大切なことは、自分の力で見積書を読む能力が
  あることではなく、見積書の確認の仕方を知っているということです。
 
  誰に尋ねれば、自分の不安が解決できるのか、それが理解できている
  だけで見積書が読めていることになるのです。
  不動産投資 見積書(内訳明細書)の読み方

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.