投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 


<セゾン>ブルー・アメリカン・エクスプレスカード

矢印 株 入門-株式投資に絶対必要な優良企業の見分け方

矢印 株式投資家の大半がフロンティアと呼ばれる新産業や人気産業への投資に
  あこがれます。
   
  自分が投資をしたタイミングが、最高値圏であれば購入すること自体が
  損することでしかないが、投資家の心理としてはほかの人もその企業の
  株式を購入しているということが何よりの買い安心感になっています。
 
  しかし、ここでいう優良企業とは投資家が競って購入する人気産業ではなく
  時代やトレンドにほんろうされることなく一貫して高い利益を
  あげ続けている企業のことです。
 
  それも借入金といった他人資本で経営するのではなく、株主資本という
  自己資金で富を創造し続けられる企業のことです。
 
  企業の財務内容をまったく把握していないにもかかわらず、平気で株式を
  購入するのであれば、株式を購入するときは人気に相乗りして購入する
  のでしょうが、その株式の売り時も人気の衰退時ということになってしまう
  でしょう。
 
  しかし、よく考えてみれば、もっとも投資に最適のタイミングとは
  誰も株式に振り向かなくなったころ、ということになります。
 
  そういう時期は数年に一度しかめぐっては来ないけれど、その時が
  来たときに最高の企業に投資できるよう企業の見極めが必要です。
 
  優良企業の条件
 
  それは
 
  ・同じ製品を扱い続けていること
  ・ブランドがあり独占力があること
  ・価格決定権があること
  ・少ない資本で大きくもうけられること
  ・借入金が少ないこと
   
  同じ製品を扱い続ける企業は新たな製品開発をおこなう必要がなく
  長期的に安定した利益が見込まれます。
 
  同じ100万円の利益をあげたとしても何度も何度も研究開発や製品を
  作るための機械や不動産に投資し続けていては、利益を生み出す構造
  としては危ういのです。
   
  医薬品や自動車業界はこれに相当します。
  できれば、コカ・コーラのように、とくに営業しなくとも勝手に売れていく
  商品やブランドを所有している企業に投資することが投資家としては
  望ましいのです。
 
  価格決定権は、競合している商品を扱っているようでは自由に
  決められません。
  政府が消費税を上げたときに便乗値上げをしなくても自由に値上げが
  できる環境で経営している企業が理想です。
 
  そしてもうひとつの理想はより少ない資本で大きく儲けることですが
  同時に踏まえておかなければいけないことは、小さな資本で高い利益率を
  確保できる種類のビジネスは参入障壁も比較的低いことが多い
  ということです。
 
  情報を提供する企業は少ない資本で始められますが、真似もされやすいです。
   
  ほかの企業が自社と同業の他社を買収しても容易に真似ができない企業が
  いいのです。
   
  たとえば、マイクロソフトにはPCソフト『ウィンドウズ』という強力な
  自社製品があるにもかかわらず、他社への買収が止まりそうには 
  ありません。
   
  これはマイクロソフトの取扱商品の参入障壁の低さを表しています。
  5年後にアップルにその市場シェアを奪われかねません。 
   
  多角化は投資家にとってはリスクです。
  自分が投資する企業の将来像が安易に描けないからです。
   
  やはり、ひとつのブランドでシェア拡大が図れる企業が、投資できる企業の
  最低必要条件といえるでしょう。
   株式投資 入門
   
  <セゾン>ブルー・アメリカン・エクスプレスカード  
   

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.