投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!
土地の仲介手数料は、はじめから値引きするつもりで交渉する

矢印 不動産会社の経営は、誰かに土地や建物を紹介することで成り立っています。
 
  いいかえれば、それしかありません。
 
  大手の不動産会社であれば、担当者には権限がないために、どんな土地を
  紹介しようとも法令で定められた上限金額を当たり前に請求してきます。
 
  しかし、これから不動産経営をおこなう投資家からしてみれば
  仲介手数料は少なければ少ないほど良いのです。
 
  大手だから安心して取引できる、と考えるのも悪いわけではありません。
 
  ケースとしては稀ですが、偶然にも、自分が気に入った土地の所有者が
  価格面で折れるように仕向けてくれた担当者が大手の不動産会社の
  担当者かもしれないからです。
 
  不動産経営は、交渉からはじまり交渉で終わります。
 
  不動産会社の担当者に対して、『まかせたよ』では、うまみのある
  経営にはなりません。
 
  交渉に入る前に頭に入れておかなければいけないことは、不動産会社の
  担当者に交渉を委ねて価格が下がった場合は、仲介手数料の値下げを
  切り出しにくくなると いうことです。
 
  そのためにも、現在の土地の所有者との交渉は、実質的に自分でおこなう
  必要があります。
 
  不動産会社は、あくまでも仲介者として利用します。
 
  自分の考えをどう伝えるか、または伝えることができたかによっても
  交渉の成否が決まってしまいます。
 
  不動産会社は必ずこういいます。
 
  『そこまで値下げしろと言ったら、相手さん怒りますよ。』
 
  この壁を切り崩すための交渉です。
 
  あなた(不動産会社)は仲介手数料がほしい。
  私(投資家)は土地がほしい。
 
  ではどうする?
 
  『不動産会社が仲介手数料を値引きしてくれるなら、○○○○円でも
  買います。』
  『土地の所有者から仲介手数料がもらえるのだから、うちの分は無しにして
  ください。そうしてくだされば、手が届きます。』
  などと、落とし所を探るのです。
 
  そう頻繁に販売機会のないことがわかっている地元の不動産会社ほど
  仲介手数料の値引きに応じてくれます。
 
  また、そのように臨機応変に価格交渉に応じる不動産会社のほうが
  不動産経営をはじめてからも何かと都合の良い管理会社となることが
  多いです。
 
  仲介手数料の値下げ交渉は、営業力が試されることなのです。
  不動産投資 失敗しないために! 土地の仕入れ

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.