投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 財務分析-財務諸表の読み方(純利益と1株当たり利益の増え方)

矢印 売上高からすべての経費と税金を差し引けば、企業の純利益がでてきます。
 
  純利益を確認するうえで、1番大切なことは、純利益が長期的に
  増加しているかということです。
 
  単年度の純利益が高くても意味がありません。
 
  数年から数十年にわたって純利益が拡大傾向にある企業は、なにかしら
  自社のビジネスにおいて優位性を確保している。
 
  また、長期的に優位性を確保してきた企業は、そうでない企業と比較して
  純利益率が高い傾向にあります。
 
  純利益率は、20%以上ある企業は、競争にさらされることなくビジネスを
  展開できている優良企業といえるでしょう。
 
  また、1株当たりの利益(EPS)の推移からも企業の強さを判断することが
  できます。
   
  1株当たり利益(EPS)を確認するうえで注意しておくべきことは、純利益は 
  株主の目を欺いて会計操作をしなければ数字を操作することができるものでは
  ありません。
   
  ただ、1株当たり利益(EPS)は、経営者による判断において自社株買いを
  おこなえば、純利益は減少しているのに1株当たり利益(EPS)は増加する
  といったことが見受けられるようになります。
 
  これは、企業が、株主の価値を向上または維持させるために
  おこなうものです。
  それは、むしろその企業の株式を保有している株主からは歓迎されます。
   
  投資家としては、純利益が会計操作なく増加しているとみるならば
  同時に1株当たり利益(EPS)についても、会計操作なく増加させることが
  できているかということを調べる必要があります。
 
  1株当たり利益(EPS)が増加すれば、株価は反応を示します。
 
  1株当たり利益(EPS)の増加が純利益の増加をともなっているのであれば
  そのなかで、最も純利益率の高い企業から検討していくことになるでしょう。
 
  大切なことは、一貫して利益が増えることとその増加の仕方です。
  財務分析-財務諸表の読み方

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.