投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 英語学習法-日本人が英語を話せるようにならない根本的な理由
矢印 日本人が英語を話せるようにならない理由、それは、会話における文章中に
  出てくる単語の聞き取りができていないからです。
 
  せっかく日本の学校で単語の意味やその読み方、発音を学んだとしても
  ネイティブが会話のなかでその単語を使うと、まったく違う単語のように
  聞こえてしまうのが日本人です。
 
  日本人は、単語ひとつでの場合とほかの単語とつながって文章として話した
  場合では発音が異なるということがなかなか受け入れられません。
 
  日本語は、単語ひとつで発音してもその言葉を文章中で使用しても
  同じように発音します。
 
  しかし、英語は違います。
 
  単語の頭や語尾が発音されたりされなかったり、音自体が変わっている
  ことさえあります。
 
  これは、学校では習いません。
 
  そのため、映画で使われている英語が聞き取れても、メジャーリーグの
  中継やアメリカのトーク番組が聞こえないことはよく起こります。
 
  日本人は、まず、ネイティブの環境で英語を学習しなければ、いつまで
  経っても英語を話すことができるようにはなりません。
 
  一切編集ができないメジャーリーグの実況中継を試しに観てみてください。
  学校や英会話スクールで聞いたことがない表現が飛び交っています。
 
  その表現をメモして、知っている人にひとつづつ確認していけば
  やがてネイティブの使う英語が話せるようになります。
 
  アメリカ人やイギリス人が母国で話している英語に触れる機会を
  もつことです。
 
  もっともリアリティーがある英語教材は、スポーツの実況中継です。
 
  目の前で起きていることを解説することができれば、自分自身のことを
  英語で表現することもできるようになります。
 
  編集されたインタビューやトーク番組よりも生放送されたスポーツ番組を
  字幕付きで何度も聞き取る練習をすれば、日本に居ながらにして本場の英語を
  学習することができます。
 
  お金もたいしてかかりません。
   
  ネイティブが話しているところを聞いて、なんとなくいくつかの単語が聞き
  取れたために意味が分かる状況からすべての言葉を正確に聞き取って
  映像がなくてもネイティブが言っていることがわかるようになるまで
  リスニングの練習が欠かせないのです。
   
  新しい参考書を購入しなくても、リスニングで困らなければ最低限は英会話が
  できるようになります。 
   
  文法でややこしいのは、関係詞くらいではないでしょうか。
  あとは、フレーズとして覚えてしまえば、応用できるでしょう。
   
  たくさんの動画を参考に文章のなかで使われる発音をひとつひとつ覚えて
  いく必要があるのです。
   英語学習法

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.