投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 財務分析-財務諸表の読み方(営業経費)

矢印 営業経費に注目するのは、高い売上総利益(粗利益)を稼いでいる
  企業であっても、営業経費の内容次第では、長期的にその利益を維持できる
  かどうか、確信が得られないからです。
 
  営業経費の増加の原因として考えられるのは、販売管理費の増加、
  研究開発費の増加、債務に対する利払い費の増加があります。
 
  これら3つのうち、どれかでも売上総利益(粗利益)を食いつくすような
  ことがあれば企業の経営基盤を揺るがしかねないのです。
 
  ・販売管理費
   
  販売管理費は、当該会計期間内にかかった経営陣の報酬や広告宣伝費
  接待交際費、出張費、福利厚生費、賃料、弁護士費用、税理士費用
  支払手数料、従業員の給与などが含まれます。
 
  大切なことはは、販売管理費が一貫して低いことであり、会計期間ごとに
  販売管理費が大きく変動したり、売上高が大きく落ち込んでいるにも
  かかわらず相変わらず販売管理費が高く保たれているような企業は
  経営基盤が弱いということです。
 
  また、販売管理費が低い企業でも、そのかわりに研究開発費や膨大な借入金に
  よってそのビジネスが成り立っているとすれば、その企業には、いつしか
  営業経費の増加によるビジネスの崩壊が起きる日がやってくるのかも
  しれません。
   
  ・研究開発費
   
  市場を独占している企業に、膨大な研究開発費が投じられているのであれば
  それは先端技術や特許などで獲得した一時的な利益である可能性が高い
  でしょう。
   
  消費者が子供のころから蓄積してきた親しみや習慣ではなく、技術力で
  得られた 利益といものは、案外脆く崩壊しかねないのです。 
   
  技術力で獲得した市場シェアは、明日には陳腐化する可能性がはらんで
  います。 
   
  こういった企業は、研究開発に膨大な資金を投じる必要があり、継続的に
  新製品を発売し続ける必要に迫られます。 
   
  膨大な研究開発費を投じる必要のある企業は、ビジネスの仕組みに根本的な
  欠陥があります。
 
  ・減価償却費
   
  減価償却費は、企業がビジネスで利益をおこなうために、どれだけ
  大がかりな資産を必要としているかをみることができます。 
   
  減価償却費は、いったん資産を購入してしまえば、それ以上の現金を
  支出する必要はないにもかかわらず、毎年費用として一定金額ずつ
  計上できてしまいます。
   
  減価償却費を除いて利益を計算すると実力以上の評価をされてしまうことに
  なり、企業の実態を正確に判断することができなくなります。
   
  資本集約型ビジネスは、常に高い減価償却率を示しており、売上総利益
  (粗利益)を減少させる原因になります。 
   
  理想的な経営とは、何もしなくても同じ商品が売れ続けている状態の
  ことです。
   
  とくに営業経費を費やすことなくその企業の所有するブランドが高く
  評価され、ほかに同じ製品や商品を選択する余地がどこにもないという
  状況にその企業が置かれているかどうかを投資家は正確に見極める必要が
  あるのです。
   財務分析-財務諸表の読み方

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.