投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために土地を購入する不動産会社を選ぶ基準とは?

矢印 賃貸住宅経営のための土地を仕入れるためにどこの不動産会社を利用するかは
  その賃貸経営がうまくいくかどうかのカギになります。
 
  個人投資家であってもやるべきことは不動産会社の担当者と同じです。
 
  不動産会社も自社で賃貸住宅を建築して売らずに賃貸にすることがあります。
  それと同じことができなければ不動産会社に利用されるだけで終わって
  しまいます。
 
  自分が交渉する不動産会社について、まずはじめに確認すべきことは
  その担当者に決済権があるかどうかです。
 
  決済権がない担当者と交渉をしていても、わからないことがあればすぐに
  上司に確認すると言って待つだけで時間を費やす羽目になるからです。
 
  また、決済権のある人と交渉すれば、自分が検討している土地のほかに
  どのような場所で宅地販売をしているのかを聞き出すことができます。
 
  ですから、交渉相手は土地の仕入れと販売をまったくの別の担当者が
  おこなっている大きな不動産会社ではなく、仕入れと販売の両方をひとりの
  担当者がおこなう地元の不動産会社の社長さんが理想です。
 
  地元の不動産会社の社長さんであれば、地域のことをよく知っているため 
  不利な条件の土地についてはやたらとむやみに勧めてくることはありません。
 
  その地域で不動産会社を営み続けるためには、うそはつけないからです。
 
  さらに、宅地の仕入れを銀行借入に頼って販売しているのであれば
  値下げ交渉は、時期をみながら絶対にしなければいけません。
 
  土地の価格が安くなるタイミングというものは、たいてい決まっています。
 
  投資家が不動産会社に対して交渉しやすいタイミングは
   
  ・相続が発生する前に現金にしておきたい人がいる。
 
  ・不動産会社が資金繰りで経営資金を確保しておきたいために
  自社物件のいくつかを処分したいと考えている。
   
  のどちらかです。
 
  買い替えで売却を検討している人は、次の購入資金を少しでも確保する
  ためにこちらの提案通りに値下げをする可能性が低いです。
   
  不動産会社は銀行借入で土地を仕入れて、それが販売できるまで銀行に
  対して借入金に応じた利息の返済を強いられます。
 
  不動産会社の事情を理解すれば、世間で言われている、立地を理由とした
  相場が価格の決定理由には必ずしもならないことがわかるというものです。
 
  不動産会社との交渉は、時間が何よりも大切な武器になります。
 
  本当は今すぐ購入したいと考えていても、先を越されることを覚悟のうえで
  土地の値段が下がるまで粘り強く待つ必要があります。
 
  担当者が次々と変わってしまうような不動産会社では、上手に土地を仕入れる
  ことなど、できるはずがないのです。
  不動産投資 失敗しないために! 土地の仕入れ

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.