投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 

矢印 web制作-サイトのボリュームを無理なく増やすためにやるべきこと

矢印 自分がサイトを作ろうとして扱っている商品や紹介したいことが
  ほんの数ページ分しかないということがあります。
 
  とくに、競合の多い不動産投資家が、自分の所有する物件を
  ネットで紹介してみても、大手不動産ポータルサイトが上位表示されやすく
  どれも似たようなページばかりが1ページ目に表示されてしまいます。
 
  また、通販サイトでは、売れる商品は掲載商品全体の5〜10%くらいしか
  ありません。
   
  そのため、売れる商品と売れない商品のSEO対策がまんべんなく
  実施されていないと、サイト全体が低い評価を受けてしまい、上位表示が
  難しくなります。
 
  聞くところによると、実店舗を運営するコンビニエンスストアにおいても
  1日に1個ずつ売れていくことは、すごいことなのだそうです。
 
  そう考えれば、自分が運営する通販サイトから毎日のように
  問い合わせが来たり、販売商品が滞ることなく売れていくことは
  素晴らしい状態のサイトが出来上がっていることになります。
 
  サイトのボリュームを増やすことは、扱う商品が少ない商売をしている
  人からしてみれば、あきらかなハンデとなります。
 
  たくさんの商品を扱う人は、それらの商品をひとつずつ丁寧に紹介することを
  こころがけることで自然とサイトのボリュームが増えていきます。
 
  扱う商品が関連していれば、その内容に沿ったコンテンツも制作しやすい
  ことでしょう。
 
  扱う商品が多い分だけ、お客様の声やランキングの発表も
  コンテンツとして掲載しやすいからです。
 
  扱う商品が少ない人は、メインの商品ページとトップページを上位表示
  させるためにさまざまなコンテンツが必要です。 
   
  不動産の紹介サイトであれば、街の紹介や物件の紹介、引っ越し情報や 
  そこに住むメリットなど、ひとつの物件から考えられるさまざまな
  コンテンツでサイト訪問者を確保していく必要があります。 
   
  また、キーワード対策においても、3パターン程度のロングテールキーワード 
  で自分のサイトが訪問してもらえる工夫が必要になります。 
   
  まず最初に取り組むことは、自分よりも早く同じ内容の商品を取り扱っている
  サイトの研究をしてみましょう。 
   
  そのサイトの良いところ、真似しても意味がないところ、自分だったら 
  どのように改善すればそのサイトがもっと上位表示されるのかを考えます。 
   
  そして、気が付いた点を考慮したサイトを自分のサイト制作において
  活かします。 
 
  自分よりも早く運営されているサイトの良いところを真似したうえで
  そのサイトにはないアイデアを付け加えた自分のサイトを運営できれば
  おのずと検索順位も上がります。
   
  それらができた頃には、サイトのボリュームは増えているでしょう。
   
  どうしてもサイトのコンテンツが増やしにくいということであれば
  蓄積されたお客様のデータなどをリアルな声として掲載する 
  こともできるでしょう。
   
  こちらが商品を提案するページだけでなく、その商品を購入した人の
  感想や改善点の指摘など、お客様目線で書かれたコンテンツは、信頼度が
  上がります。
   
  これなら商品がひとつでも、それに対するコメントとして数十ページは
  確保できます。
   
  いちばんおもしろくないサイトのボリューム対策は、『用語集』を
  掲載することです。
  用語集が必要な人など、そう多くはいませんし、内容がつまらないです。
   
  オリジナルの視点で考えたコメントが掲載されているほうが
  消費者の心をつかむのは容易です。
   
  用語集は、消費者が起こす次のアクションに結びつきません。
  見ただけ、で終わることのないような、集客に結びつくコンテンツで
  サイトのボリュームを増やすことがおすすめです。
   web制作

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.