投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 不動産投資 失敗しないために!
敷金の返還対応でトラブルにならないためにすべきこと

矢印 せっかく苦労して入居者を決めても、退去時に敷金の返還対応について
  トラブルになってしまっては非常にもったいないです。
 
  敷金の返還作業をスムーズに進めるために必要なことがあります。
 
  それは
 
  ・入居者が入居する前に日付入り写真を残しておくこと
  ・できる限り自分で補修できるノウハウや技術を身につけておくこと
  ・すぐに補修、ルームクリーニングできる工務店をみつけておくこと
  ・敷金の清算方法を入居者とあらかじめ契約書の特約事項として合意して
  おくことです。
 
  入居者が入居する前に、つまり、契約日よりも前の日付で貸す部屋が
  使用される前の状態を証拠として写真で残しておくこと。
 
  そうすることで入居者がどのように汚したのか、誰が見てもわかるようになり
  敷金を追加で請求する明確な根拠を提示できるようになります。
 
  できれば、入居者に対して、契約時にその写真を渡しておくことで
  人によっては自分が借りる部屋の使用の仕方について気を使ってくれる
  ことがあるかもしれません。
 
  自分で補修できるノウハウや技術があれば、何もかも工務店に見積もりを
  取る必要もありません。
 
  また、依頼する工事に関する材料原価や作業費など、おおよそ知っていれば
  入居者への対応にも余裕が生まれます。
   
  また、部屋の補修が自分でできればできるほど、入居者退去後の新たな
  入居者募集がスムーズにできるようになり、新たな入居条件の設定にも
  無理のない条件を提示しやすくなります。
 
  補修費用というものは敷金でまかなえるから良いということではありません。
   
  大家として当然の権利として敷金から補修費用を差し引くことに抵抗を感じる
  必要はないですが、より安く補修できる自分の補修技術があることで
  退去の立会いのときに不動産会社の担当者を交えずに直接自分の考えを
  伝えて交渉できるようになります。
 
  退去時の立会いに不動産会社が寄り添ってくれるのは、話がまとまらない
  ときにあいだに入って交渉してくれたり、大家の代わりに部屋の使用状況を
  確認するために来てくれるものです。
   
  不動産会社としては、どうしても自分の所有しているものではないために
  部屋の確認のやり方が不適当であったり、トラブルに発展させたくないあまり
  入居者に必要以上にやさしく対応してしまいがちです。
 
  大家が自分で入居者が壊したり汚したりした部分のおおよその対応方法に
  見当がつく、またはあらかじめ合意しておくことで、場合によっては
  退去者とのあいだで話が弾み、その人の友達を入居者として紹介してくれる
  こともありえます。
 
  そして、自分で補修できない補修工事やルームクリーニングをいつでも
  お願いできる妥当な見積書を出してくれる、仕事の丁寧な工務店をみつけて
  おくこと。
   
  自分が信頼できる工務店で見積書を作成してもらい、敷金で足らない 
  場合には自分が特約で指定した工務店による工事費用を借主に
  実費負担してもらうという特約の合意をしておくこと。
   
  以上4つのことができていれば、不動産会社から退去の連絡が入っても
  あわてることなく対応できると思われます。
 
  何もかも弁護士を通して交渉することを考えるよりも、最悪の場合、知らない
  あいだに引越しされて退去に立ち会えなかったとしても、自分で判断がつく
  大家であれば不動産経営への悪影響は最小限にとどめることができます。
 
  そういう状況づくりを前もって準備しておくことが必要です。 
  敷金精算には、DIYノウハウと契約ノウハウの両方が必要だと
  いうことです。
   不動産投資 失敗しないために!賃貸管理

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.