投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株式投資 全般
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
正しい英語学習の手順
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 ビジネススキル-資金繰りを理解する

矢印 会社勤めをしているうちはまったく関係ありませんが、自分で会社を
  創業すれば何よりも気がかりな事情が資金繰りになります。
 
  毎月一定額の給料を受け取るように、毎月一定の売り上げと利益を
  確保できる企業は恵まれています。
 
  たいていの企業は、創業者が銀行から融資を受けて取引実績を積みながら
  売り上げを伸ばして会社を拡大させていきます。
 
  売り上げは計上されていたとしても取引先からの入金が予定通りに
  実行されなかったり、手形を銀行に持ち込まなければ経営が成り立たない
  のであれば、会計上の利益は出ているにもかかわらず、実質的には
  銀行のために働いているような状況に陥ります。
 
  会社は個人と違い、利益とは、すべて会計上の話になります。
 
  すべての取引が現金でおこなわれたとしても何の問題なく経営が成り立つ
  ことが本当の意味で健全経営です。
 
  そして、ほとんどの経営者やその一族が、生涯をかけて健全経営を目標に
  働き続けることになるのです。
   
  そう考えれば、現金を豊富に自社で蓄積している一部上場企業への就職は
  その会社での労働環境を一切考慮しなければ、入社後すぐに健全経営を
  はじめているようなものなのです。
 
  資金繰りをするということは、銀行の束縛から抜け出そうと計画的に経営を
  することなのです。
 
  お金を集める方法には、さまざまな種類があるものです。
 
  最近では、クラウドファインディングという手法さえ出てきています。
 
  必ずしも利息を付けて返すことが、その企業における資金調達方法として
  最適であるかどうかは、十分な検討が必要です。
 
  独立を検討する多くの人が、現金経営を目標にしますが、現金で商売をする
  業種ほど参入障壁が低いというのも事実です。
 
  借金をすることは、富の蓄積とは正反対の行動ですが、一時的な借入が
  超長期的な利益につながるケースはよくあることです。
 
  大きなビジネスほど資本が必要ですから、誰よりも早く市場を奪うために
  大きな資本を投入するための借入であれば、効果的な事業戦略が描ける
  ことがあるからです。
 
  経営者にとって、銀行は敵でしかありません。
 
  しかし、敵を自分の仲間にできたときほど、効果的に利益を生み出せる
  チャンスが巡ってくることもないものです。
 
  経営者になるのであれば、営業能力と資金繰り、その両方を兼ね備えた
  ビジネスをあらかじめ準備しておく必要があるということです。
 
  ブラック企業と呼ばれる会社には、このどちらかが必ず欠けています。 
   
  営業能力と資金繰り、それらが、利益を安定的に拡大させることができる
  唯一の方法だからです。
   ビジネススキル-経営戦略

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.