投資・ビジネス倶楽部
World Explorer
株式投資・不動産経営・ビジネス
Outthink, for your Life 
What's New
Information

Home
当倶楽部会員による
オリジナルの見解や体験談
絶対に必要な知識・情報を
コンテンツにしました!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 [コンテンツ]
・株式投資
株 入門
財務諸表の読み方
財務指標
銘柄選定
財務分析
 
・不動産投資
土地の仕入れ
建築ノウハウ
工務店交渉
見積書の読み方
賃貸管理
 
・ビジネス、Web、IT
ビジネス 全般
銀行交渉
経営戦略
サイト制作手順とSEO対策
 
・会計と税金
会計実務と税務処理
原価計算
 
・英語学習法
英語学習法
 
・アドバイスします!
個別相談(会員限定)
紹介サービス(会員限定)
 
[ブログ・SNS]
実践記録(アメーバ)
実践記録(FC2)
ツイッター
 
[運営者情報]
ごあいさつ
倶楽部の紹介
運営者情報
 
[連絡先]
お問い合わせ
 
[サイトマップ]
サイトマップ
 
矢印 財務分析-財務諸表の読み方(自社株買い)

矢印 企業が自社株買いをおこなえば、発行済み株式総数が減少します。
   
  株主にとっては、自社株買いによって自分の株式保有比率を追加の
  出資をすることなく上げることができるのです。
 
  同じ株主還元対策でも、配当で支払われてしまえば支払金額に
  応じて税金がかかってしまいます。
 
  自社株買い戻しとは、ケーキの大きさはそのままで、切り分ける人数を
  減らすようなものです。
 
  そうすることで、自分のもらえる分が増えることになります。
   
  また、自社株買い戻しは、株価が非常に高い水準のときに実施されても
  株主にとってはメリットがあります。
 
  企業の自社株買いによって発行済み株式総数が減少するため
  株主資本利益率(ROE)は上がることになります。
 
  企業の財務内容から判断できることは、強力な経営基盤を有する 
  企業ほど、株主資本利益率(ROE)は高いということです。
 
  それは、本業による稼ぎによるものです。
 
  本業による稼ぎが、やがては株価の上昇として市場に評価されること
  になります。
   
  一方で、競争に巻き込まれている企業は、つねに利益が安定しません。
  そのため、株主対策として儲かった時期に蓄えた資金を利用して
  自社株買いを実施することがあります。
 
  投資家としては、投資を検討している企業の株主資本利益率(ROE)が
  自社株買いによって出てきたものか、優れた経営成績に
  よるものなのか、またはその両方が反映されたものなのかどうかを
  判断できるようになる必要があります。
 
  貸借対照表に自己株式があるということは、収益性が非常に高く
  自社株買いにまわせる自由な資金を豊富に持っていることが多いです。
 
  ですから、貸借対照表に自己株式があることは、投資できる
  可能性のある企業だという判断の材料になるのです。
 
  定期的に自社株買いを実施するということは、株主価値の増大が 
  最優先された財務戦略がとられていることになるからです。 
   財務分析-財務諸表の読み方

Copyright(C) 2016 投資・ビジネス倶楽部 World Explorer All Rights Reserved.